家族で分担すれば楽しく効率的に終わる! 大掃除のコツ ~パパ編

 

そろそろ大掃除の季節。今年は家族で分担して楽しく計画的に進めましょう。

パパやママ、子どものそれぞれに向いた掃除方法と場所を花王さんに聞いてみました。

今回はパパに担当してもらいたい場所をご紹介します!

天井は、背の高いパパにお任せ

高い天井のお掃除は、パパの出番。

「クイックルワイパー 立体吸着ドライシート」を付けた「クイックルワイパー」で軽くこすれば、簡単にホコリが取れます。

しっかりと吸着して落ちにくいのも嬉しいですね。

ちなみに、ザラザラした天井では、シートが引っかかってしまうので避けましょう。

高い場所にある照明器具も一緒に

高いところにある照明器具も、普段なかなか掃除できないもの。

照明器具のカサや電球の油汚れなどのお掃除もパパにお願いして。

まずはスイッチを切り、必ず冷えた状態になってから始めます。カサなど外せる部分は外して床に下ろしておきましょう。

布に「かんたんマイペット」をスプレーして、汚れを拭き取ります。

内側に虫が入り込んでいることもあるので、キレイに取り除くことを忘れずに。

よく乾かしてから取り付けて完了! 

水が染み込む和紙貼りなどの照明器具には、「かんたんマイペット」が使えないので注意してください。

手強いキッチンの五徳や受け皿、魚焼きグリルも、力のあるパパの出番

キッチンの油汚れがたっぷりこびりついている魚焼きグリルや、汚れが焦げ付いてしまっている五徳や受け皿などの掃除はとても大変。

こうしたやっかい仕事は、ママと協力し合って行うとよいでしょう。

外せるものはすべて外して、まとめてシンクの中へ。「マジックリン ハンディスプレー」を直接吹きかけておくと、泡の力で汚れを浮かせて落とせます。

 

ニオイが気になる&しつこい汚れには

ニオイが気になる魚焼きグリルには「キッチンマジックリン消臭プラス」を。汚れだけでなくニオイまでスッキリ落とします。

しつこい汚れは、すすぐ前にスポンジや古いハブラシで落としましょう。こげつき汚れは、「ホーミング」などの液体タイプのクレンザーでこすってみて。

高い位置にあるレンジフードやレンジ周りも

高い位置にある換気扇や、レンジフードなどもパパの腕の見せどころ。

べたべたの油汚れがたっぷりなこれらの場所は、「マジックリン ハンディースプレー」を布にスプレーして、拭き取ります。あとは必ず水ぶきしましょう。

 

レンジフィルターの掃除は

レンジフィルターははずして、シンクの中で「マジックリン ハンディスプレー」を。しばらく置いて汚れが浮き上がってきたら水でよく洗い流しましょう。

商品情報

約50万本のミクロ繊維の立体構造シートでミクロなゴミもしっかりキャッチ!

クイックルワイパー 立体吸着ドライシート

二度ぶき不要のリビング用洗剤

かんたんマイペット

換気扇やガスレンジなどの、台所まわりのしつこい油汚れを浮かせて分解

マジックリン ハンディスプレー

汚れといっしょにニオイも落とす、キッチン用スプレー洗剤

キッチンマジックリン 消臭プラス

油汚れやこげつきもグングン落とす液体タイプのクレンザー

ホーミング

写真:Thinkstock / Getty Images

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事