意外と汚れているエアコンフィルター!こまめな掃除できれいな空気を

  • card_44089_001

    フィルター周りと、フィルターについたホコリを掃除機で吸い取ります

  • card_44089_002

    目に詰まった細かなホコリはマイペットのうすめ液で洗って、陰干しに

  • card_44089_003

    洗えない本体はかんたんマイペットをスプレーしたぞうきんで拭き掃除をしましょう

エアコン、空気清浄機、加湿器といった家電のフィルターは、いつの間にかホコリがたっぷり。いざ掃除するとなると面倒なうえ、自己流の掃除方法では、あまりキレイになっていない気が…。それに、フィルターが汚れたまま家電を使っていると、その性能を存分に発揮できず、電気代も余分にかかるそう…。これではいけない!と、フィルターの正しいお掃除方法を調べてみました。

エアコン、空気清浄機、加湿器などのフィルターはこまめな掃除を

フィルター掃除が大切なワケとは?

一般財団法人省エネルギーセンターによると、エアコンのフィルターを月に1~2回掃除することで、年間で約700円の節約になるんだとか。
逆にフィルターにホコリがたまると、家電の性能はダウンしてしまうそうです。とくにエアコンなど水分がつく家電のホコリはカビの温床となり、吹き出し口から風とともにカビや菌を室内にまき散らすことに…。そうならないために、わが家も半年ぶりにエアコンのフィルター掃除をしてみることに。

フィルター掃除は、「ホコリを取る→洗う→干す」だけ!

<用意するもの>

  • かんたんマイペット
  • マイペット
  • 掃除機またはブラシ
  • スポンジ
  • 雑巾

かんたんマイペット、マイペット、雑巾、スポンジ、掃除機、ブラシ

<下準備>

  • お手入れのときは、エアコンの電源を抜いておきましょう。
  • 長い間掃除をしていないと、フィルターにカビが生えている場合があるので、吸い込まないようマスクを着用します。
  • フィルターの種類、機種によって、掃除方法が異なるため、それぞれのフィルターの取扱説明書に従いましょう。

<掃除方法>

1.ホコリが飛び散るのを防ぐために、フィルター周りに掃除機をかけてからフィルターを外します。

ホコリが飛び散るのを防ぐために、フィルター周りに掃除機をかけてからフィルターを外します。

2.掃除機かブラシでフィルターのホコリをとります。このとき、ホコリが多い側からホコリを落としましょう。

2.掃除機かブラシでフィルターのホコリをとります。このとき、ホコリが多いフィルターの外側からホコリを落としましょう。

3.目に詰まった細かなホコリをとるために、マイペットのうすめ液を作り、スポンジに染み込ませてフィルターを洗っていきます。うすめ液は、水2Lに対して、リビング用洗剤「マイペット」をキャップ1/2~1杯が目安です。

目に詰まった細かなホコリをとるために、マイペットのうすめ液を作り、スポンジに染み込ませてフィルターを洗っていきます。

4.水ですすいだ後、風通しのよいところで陰干しします。
思っていたより、ずっと簡単にできて、こんなにキレイになりました!

目に詰まった細かなホコリをとるために、マイペットのうすめ液を作り、スポンジに染み込ませてフィルターを洗っていきます。

5.エアコン本体など、洗えないところは、かんたんマイペットをスプレーした雑巾で拭き掃除しましょう。

本体など洗えないところはかんたんマイペットを染み込ませた雑巾で拭きましょう

6.乾いたら、フィルターをもとに戻します。

乾いたら、フィルターをもとに戻します。

フィルター掃除は、2週間に1回するのが理想

これまで、フィルターの掃除はやろうと思っても面倒に思えて、なかなか重い腰が上がりませんでした。
でも、キレイにしておけば、フィルターが汚れたエアコンを使って、部屋に菌をまき散らすこともなく、無駄に電気を使わずに済みます!家族の健康のため、家計のため、さらには省エネにも!フィルターをキレイに保つことは大事なことなんだなあと実感。
特にカビを生やさないためには、フィルター掃除は、2週間に1回するのが理想。それに、汚れは放置しておくと蓄積汚れとなり、逆に掃除が大変。だからこそ、汚れてから掃除をするのではなく、普段から掃除のついでにホコリを掃除機で吸い取っておけば、2週間に1度の「マイペット」を使ったお掃除の時にも、ラクにすませることができます。
これからは、部屋に掃除機をかけるついでに、エアコンのホコリも一緒に吸う習慣をつけたいと思います。

商品情報

マイペット

かんたんマイペット

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事