部屋干しでも生乾き臭をさせない!洗濯と干し方3つのコツ

ニオイを防ぐコツは「抗菌洗剤を選ぶ」「洗濯物を洗濯機に詰め込まない」「風通しを良くして早く乾かす」の3つです。

日中は仕事や用事で忙しく、夜、洗濯をして、部屋の中で洗濯物を干すという人も多いと思います。私もよく部屋干しをするのですが、以前はタオルを使っているときに、生乾きのいや〜なニオイが気になり出して洗濯物を洗い直すことがありました。しかし、洗濯のコツを知ることで、部屋干しをしても生乾き臭が気にならなくなったんです。今回は、そのテクニックを皆さんにご紹介したいと思います。

部屋干しで生乾き臭が発生する原因は?

生乾き臭の原因はズバリ“菌”なんです。部屋の中は湿度が高く、晴れている日に外で干したときよりも洗濯物が乾くまでに時間がかかってしまいます。その間に洗濯物に残った汚れから菌が繁殖しやすくなり、ニオイが発生するのです。

ニオイを防ぐコツは3つあります。1つ目は、菌の増殖を抑えてくれる抗菌効果の高い洗剤や柔軟剤を選ぶこと。2つ目は、洗濯機の中でしっかり汚れを落とすために洗濯物を詰め込まないこと。3つ目は、洗濯物が早く乾くように、干し方に気をつけることです。では、具体的にはどうしたらいいのでしょうか?

部屋干しに合う洗剤や柔軟剤を選ぶ

まずはいつも何気なく使っている洗剤や柔軟剤を抗菌効果の高いものに替えることが大切です。洗濯用洗剤は、部屋干しの生乾き臭を防いでくれる「アタック 抗菌EX スーパークリアジェル」がオススメ。一緒に漂白剤の「ワイドハイター EXパワー」を入れると、洗剤だけでは落ちない蓄積臭※まで強力分解してくれます。仕上げに柔軟剤の「ハミング ファイン」を使えば、干しているときから着用中まで菌の繁殖を抑えることができます。

※硫黄化合物などの悪臭原因物質

アタック 抗菌EX スーパークリアジェル

洗濯物は洗濯槽の8分目まで!

いつもは入るところまで洗濯物を入れてしまいますが、目一杯入れるのは詰め込みすぎなのだそう。洗濯機に洗濯物を詰め込みすぎると、洗濯槽内に水が上手く回らないため、洗う際の泡立ちやすすぎに影響し、汚れが落ちにくくなるんです。この洗い残しがニオイの原因になることも。洗濯物はふわっと入れて洗濯槽の8分目までを心がけましょう。

洗濯が終わったのに、洗濯機に入れっぱなしにしていると雑菌が繁殖する原因になります。すぐに干すことも生乾き臭を防ぐコツです。

握りこぶしひとつ分は間隔を開けて干す

洗濯物をくっつけて干すと乾きが遅くなり、ニオイの発生につながります。空気の通り道が出来るように、なるべく間を開けて干しましょう。干す間隔の目安は握りこぶしひとつ分以上なので、間隔固定された連結ハンガーも便利です。その際にサーキュレーターや扇風機を使って、衣類に直接風をあてると、より速く乾かすことができます。

ハンガー型の洗濯ピンチに洗濯物を干し、下から扇風機で送風しているところ

いつもの洗濯に簡単なコツを取り入れるだけで、あのいや〜な部屋干しの生乾き臭から逃れられることがわかりました。普段部屋干しをしない方でも、長雨の時期の今、ぜひ知っておきたいテクニックですね。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

関連記事