スワイプしてみましょう

画面を左右にスワイプする(なぞる)と、
同じテーマの記事を見ることができます。

冬ファッションのお悩み「ニットの毛玉問題」はこれで解決!

洗剤をおしゃれ着用洗剤の「エマール」に変えるだけで、ニットのダメージをケア。簡単に毛玉予防できます。

寒くなってくると重宝するのが、ニット。いろいろなカラーや形を揃えて、その日の気分や予定、スタイルに合わせてチョイスしています。

いろいろなカラーや形、ゲージのニット

でも、「今日はこれにしよう!」と袖を通した後に、毛玉を発見すると、朝からテンションがガタ落ち。ニットは大好きなのに、この毛玉が悩みのタネなのです。

冬のおしゃれの定番アイテム「ニット」。でも、毛玉が気になる…

子どもと出かける時はリュック、そして子どもの抱っこ攻撃を受け、肩や腰周りも被害を受け、結果、いろいろなところが毛玉になってしまいます。

編集・ライターという仕事柄、普段からバッグは斜めがけできるショルダーバッグを愛用しています。すると、左の腰あたりに毛玉が…。子どもと出かける時はリュック、そして子どもの抱っこ攻撃を受け、襟元や肩、腰周りも被害を受け、結果、いろいろなところが毛玉ができ、ちまちまと毛玉を取ることを繰り返しています。

子どもと出かける時はリュック、そして子どもの抱っこ攻撃を受け、肩や腰周りも被害を受け、結果、いろいろなところが毛玉になってしまいます。

袖口は必ずと言っていいほど、どんなニットにも毛玉ができています。

袖口は必ずと言っていいほど、どんなニットにも毛玉ができています

毛玉がたくさんあると、見た目もみすぼらしくなり、お出かけする時に着ていくのは、恥ずかしい。せっかく、お気に入りのニットなのに…。

ニットを洗う洗濯用洗剤を見直してみる

そんな悩みにぴったりな洗剤が、じつは「エマール」であると花王さんに聞きました。どうして毛玉にいいんでしょうか。

おしゃれ着用の洗濯用洗剤「エマール」。

そもそも毛玉ができる原因は、繊維の切れや抜けにあるそう。普通の洗濯用洗剤では、洗濯中の摩擦で、毛玉の元ができ、それが着用中にすれて、毛玉に成長するのだとか。

一方、「エマール」には、摩擦を低減して、繊維の切れや抜けを防止する成分が入っているので、毛玉ができにくいのだとか。

今まで洗濯用洗剤なんて、ほとんどどれも一緒でしょう?なんて思い、特別気にしていなかった私。洗剤によっても、それほど違いがあるのかと、目からウロコです。

エマールで洗って「毛玉予防」しよう!

さっそくニット洗いに、「エマール」を使うようにしてみました。使い方は簡単。いつものようにニットを洗濯ネットに入れて、洗濯機のドライコース(※)で洗うだけ。

ニット洗いには、「エマール」を使うようにしてみました

すると着用後、これまで1、2回着ただけで毛玉ができていたようなニットも、なんだか毛玉ができにくくなり、いつもふわふわに!洗剤ひとつでこんなに違うなんて!と驚きました。

これまで毛玉を見つけると、しょうがないと諦めていた部分もありましたが、もう諦めなくてもいいんですね。何より、毛玉でガッカリすることもなくなり、朝からイイ気分で出かけられるのが嬉しいです。たかが洗剤、されど洗剤。洗剤選びもファッションを楽しむコツのひとつなんですね。

※ドライ・手洗い・おうちクリーニング・ソフトコース等、洗濯機によって名称が異なります。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「ニットの毛玉問題」もこれで解決!

オンラインショップ

「マイカジ編集部」のおすすめ記事