静電気を防いで、ふっかふかに仕上げるマフラーの洗い方

マフラーは洗濯ネットに入れ、おしゃれ着用洗剤と柔軟剤を使って洗濯すると、静電気を防いでふっかふかの仕上がりに。

寒くなると大活躍のマフラー。首元に巻きつけておくと、ほんとにあたたかいですよね。毎日使っていると、ボリュームがなくなってきたり、取るときにバチッと静電気が発生したり。そこで今回は肌につけて使うからこそ、肌触りよく清潔に保ちたい、マフラーの洗い方をご紹介します。

自宅で洗うときのポイントって?

マフラーを洗うときに気をつけたいポイントは、フリンジを守り、縮まないようにやさしく洗うこと。洗剤は「エマール」などのおしゃれ着用洗剤を使い、水温30℃以下の水を使って洗濯しましょう。

“静電気防止”と“ふっくら仕上げ”は「ハミング」などの柔軟剤を使うことで実現できます。

洗濯ネットに入れて、ドライコースで洗おう!

まず、家庭で洗えるマフラーなのか、取扱い表示をチェックします。

取扱い表示は、(旧表示はsentakukitearai) がついていたら、カシミアでもウールでも洗濯機で洗えます。

の場合(旧表示はtearai_ng)は家庭では洗わず、クリーニング店におまかせしましょう。

 

<マフラーの洗い方>

1.シミ・汚れがある場合は、おしゃれ着用洗剤の原液を直接つけて指でなじませておきます。

2.マフラーを洗濯ネットの大きさに合わせてたたみ、洗濯ネットに入れます。

フリンジがついているものは、フリンジがバラバラにならないように、内側に入れてたたみ洗濯ネットへ。

3.洗濯機のドライ(手洗い)コースを選んで洗濯します。忘れずに柔軟剤もセットしておきましょう。

4.脱水が終わったら、すぐに取り出して形を整えます。

5.黄ばみや変色を防ぐため、日陰で干します。

ざっくり編みのマフラーは、伸び防止のため、ピンチハンガーの上で平干し、大判のマフラーは、物干竿2本を使い、M字型にかけて早く乾かしましょう。

 

6.乾いたら仕上げにスチームアイロンを。フリンジ部分は洋服ブラシでブラッシングすると、まっすぐになります。

よりふっくら仕上げたいときは、スチームアイロンを浮かせて、蒸気をたっぷりあてる“浮かせスチーム”がおすすめ。

洗濯したマフラーを使ってみたところ、ふっかふかの手触りが復活!静電気も発生しません!この冬は、こまめに洗濯していこうと思います!

メイン写真:Getty Images

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

おうち洗いでふっかふかに仕上げよう!

オンラインショップ

関連記事