静電気を防いで、ふっかふかに仕上げるマフラーの洗い方

 

2016年12月より、衣類の取扱い表示が変更になります。※詳しい情報はこちら

冬になると大活躍のマフラー。首元に巻きつけておくと、ほんとにあたたかいですよね。毎日肌につけて使うからこそ、清潔に、肌触りよくお手入れをしたいもの。

そこで、静電気を防いでふっかふかに仕上げるマフラーの洗い方をご紹介します。

使用する洗剤

  • エマールなどのおしゃれ着用洗剤

気をつけて!ウールでも洗えない場合

まず、マフラーの取扱い絵表示をチェック。

sentakukitearai(新表示は) がついていたら、カシミアでもウールでも洗濯機で洗えます。

tearai_ngの場合(新表示は)は家庭では洗わず、クリーニング店におまかせしましょうね! 

【従来】取扱い絵表示の見方

【新】新しい取扱い表示とは

まずはシミをチェックして、お洗濯の準備

シミ・汚れがある場合は、エマールの原液を直接つけてやさしく押さえておきましょう。

マフラーのフリンジがバラバラにならないように内側にたたんで、洗濯ネットに入れたら準備完了。

洗濯機に入れたら、脱水までおまかせ!

エマールと柔軟仕上げ剤を入れたら、洗濯機のドライコースや手洗いコース(ソフトコース)を選んで、脱水までおまかせ。

お風呂の残り湯は使わず、30℃以下の水道水を使いましょう。

柔軟仕上げ剤を入れると、静電気予防になります。

最後は、日陰でM字干し

脱水が終わったら、マフラーをすぐに取り出して形を整えます。

生地を傷めないように、直射日光にあてず、陰干ししましょう。

大判のマフラーは、物干竿2本にM字型にかけるM字干しがおすすめです。

商品情報

色あせ・型くずれ・毛羽立ち・縮みなどの洗たくダメージを防いで洗えます。

エマール

写真:Thinkstock / Getty Images

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事