素材別(ウール・革・スエード)手袋のお手入れ方法

素材別(ウール・革・スエード)手袋のお手入れ方法

かじかむ手をほっこり包んでくれるだけでなく、ファッション小物としても重宝する手袋。毎日のように使っていると、汚れがたまっているんじゃないかと心配です。

そこで、本格的な冬の到来の前にウールやレザーなど、素材別のお手入れ方法をしっかりチェックして、お気に入りの手袋を長く使えるようにしましょう。

「ウール」の手袋は縮ませないように、やさしく手洗い

ウール手袋は(旧表示はtearai_ng)の取扱い表示がついていなければ、クリーニングに出さずに自宅で手洗いすることができます。ウールは水に濡れた状態で激しくこすると縮んでしまうので、繊維を守って縮むのを防いでくれるおしゃれ着用洗剤を使い、やさしく洗いましょう。

<用意するもの>

・「エマール」などのおしゃれ着用洗剤

・「ハミング Neo」や「フレア フレグランス」などの柔軟剤

柔軟剤を使うと、毛玉や静電気を防いで、ふんわりと洗いあがります。より肌触りをやさしく仕上げたい時は「ハミングNeo」などのやわらか仕上げタイプ、華やかな香りを楽しみたい時は「フレア フレグランス」などの香りが続くタイプの柔軟剤がオススメです。

<洗濯方法>

1.汚れ落ちを良くするため、汚れやすい手袋の指先におしゃれ着用洗剤の原液をつけ、指先でなじませておく。

2.洗い桶などに30℃以下の水をはり、規定量のおしゃれ着用洗剤を入れる。

3.2.の中で押し洗い。「沈める」「浮かせる」をやさしく20〜30回繰り返す。

4.水を替えて、押し洗いの要領ですすぎをする。

5.水を捨ててもう一度キレイな水ですすぐ。このタイミングで柔軟剤を入れる。

6.手袋を取り出し、タオルで挟んで水気をとる。

7.軽くたたいてシワを伸ばし、形を整えたら日陰で平干し。自然乾燥で中までしっかり乾かす。

 「革(表革)」の手袋は水洗いせずに汚れを拭き取る

日頃のお手入れは、タオルなどのやわらかい布で、全体を乾拭きすればOKですが、それでも落ちない汚れはどうしたら良いでしょうか。

水に弱く、洗濯できない革ですが、目立たないところに水滴を垂らしてみて、染み込まなければ表面加工がされているので、中性洗剤で汚れを落とすことができます。ただし、皮革製品は色落ちしやすいので、使用する中性洗剤で色落ちしないか、事前に目立たないところで確かめましょう。

<用意するもの>

・タオルなどのやわらかい布2枚

・「エマール」などのおしゃれ着用洗剤

<汚れの落とし方>

1.洗い桶などを使い、おしゃれ着用洗剤を規定の濃度に薄め、布を浸す。

2.固く絞った布で革の表面を拭く。

3.洗剤が残らないように、きれいな水で絞った布で拭く。

4.乾いた布で水分をとり、風通しが良く直射日光の当たらない場所で干す。

乾いた後、ミンクオイルを布に染み込ませ、薄くのばしながら塗って、最後に乾拭きをするとツヤが戻ります。

「スエード(裏革)」の手袋は専用クリーナーで

スエードに水は厳禁!日頃のお手入れは、スエードブラシか硬いナイロンブラシで毛並みに沿ってブラッシングします。

日常生活でついてしまった軽い汚れは、消しゴムタイプの専用クリーナーでこすって落としましょう。もしもジュースやコーヒーなどのシミ汚れをつけてしまった場合は、浮かび上がらせて落とす、泡タイプの専用クリーナーがオススメです。ただし、泡タイプのクリーナーを使うときは、あらかじめ目立たないところにつけて、シミにならないかチェックしてから使用してください。

お気に入りの手袋を長く使えるように、しっかりお手入れ法をチェックしてくださいね。

イラスト:みやよしえ

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事