冬に大発生!結露によるカーテンのカビを防ぐ方法【イラスト解説】

冬に大発生!結露によるカーテンのカビを防ぐ方法【イラスト解説】

暖房効果を上げるためにも必須なカーテン。昼間、分厚い遮光カーテンは開けていても、レースのカーテンは1日中閉めっぱなしというご家庭も多いことでしょう。窓に接したレースのカーテンを結露で濡れたまま放置しているとカビが生えてしまうことも……今回は、結露によって発生してしまうカーテンのカビを予防するテクニックを紹介します。

どうして結露は起きるの?

結露は暖められた空気中の水蒸気が冷たいガラスや壁面にあたって冷やされ、水滴となって発生したもの。放っておくとカーテンについた汚れを栄養源として、カビが発生してしまいます。

放っておいた結露でダニ・カビが発生!アレルギーの原因になることも…

結露を防ぐにはこまめに換気がいちばん効果的

湿気がこもらないようこまめに換気をするのがいちばんのポイント。寒いときに窓を開けるのは少々つらいですが、これをするだけでだいぶ違います。特に入浴中や調理中は温度・湿度が上がるので、換気を習慣にしましょう。

換気時間は1回10分程度が目安。窓を2カ所開け、空気の通り道を作ると効果的

タンスと壁は少し離して空気の通り道を作る

タンスの後ろなど、壁と家具、家具どうしの隙間は少し空けておくようにしましょう。暖かい空気が家具の裏側まで流れていくような”空気の通り道”を作ることがポイントです。

発生したら早めに拭き取り、レースのカーテンはこまめに洗濯

それでも結露が発生してしまったら、しっかり水滴をふき取ること!そして、カビの栄養源となる汚れやホコリを早めに除去することが大切です。レースのカーテンは濡れてしまうと、カビが生える原因に。いったん生えてしまったカビは、洗濯をしても完全に除去するのは難しくなるので、カーテンが濡れたらすぐに洗うなど、こまめにお洗濯をしましょう。

気軽に洗える!レースカーテンを洗濯してみた!

イラスト:フカザワナオコ

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事