ヘアカラーが服に付いちゃった!カラー剤のシミを落とす方法とは?

ヘアカラーが服に付いちゃった!カラー剤のシミを落とす方法とは?

自宅で手軽に染められるヘアカラーやヘアマニキュア。便利だけれど、ケープを着る等の対策をしていなくて、うっかり洋服についてしまった!という経験はありませんか?そんなときはどうすればいいのでしょう。

まずは水洗いや漂白剤を試す

カラー剤がついてしまったら、すぐに水で洗い流しましょう。それでも落ちなければ、衣類に合った漂白剤を使って、つけ置きをしてみましょう。水洗いできない服は自宅で対処するのが難しいので、すぐにクリーニング屋さんに相談しましょう。

衣服に合った漂白剤を選んで、つけ置き、選択

落ちない場合は無理をしない

ヘアカラーやヘアマニキュアの主成分は染料なので、非常に落としにくいもの。残念ながら洗っても落とせない場合が多いのです…。漂白剤でのつけ置き時間の目安は30分、長くても2時間までなので、そこまで待って、落ちない場合は中止しましょう。

また、肌についた場合に落とすための専用リムーバーなども、洋服には使えません。無理に落とそうとして生地を傷めないよう、注意が必要です。

事前の準備で、うっかりついた!を予防

ヘアカラー剤が服に付かないように、気を付けているつもりでも、液が垂れて服につくことがあります。髪を染めるときは、汚れてもOKな洋服を着て、いらないタオルやケープを肩からかけるのが鉄則です!

前開きの洋服を着ておけば、最後に洗い流すときにさっと脱げるので便利

染めてからしばらくは、色落ちにも注意。髪が濡れると色落ちしやすくなるので、染めた髪は洗髪後、すぐに乾かして服に色がつかないように注意しましょう。また、雨やプールで濡れたあとも、素早く水分を拭き取り、衣類に触れないよう気をつけましょう。髪を拭くタオルも、ヘアカラーの色が定着するまでは、色の濃いものを使うことをおすすめします。

イラスト:カモ

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事