やさしく洗ってふんわり仕上げる!ニット帽の洗い方

  • card_50953_001

    目立つシミや汚れ、汗で汚れやすい帽子の内側にエマールを指で塗る。

  • card_50953_002

    エマールをとかした洗濯液で20~30回押し洗いし、洗濯機で軽く脱水。

  • card_50953_003

    水を替えて2回すすぎ、タオルドライ後に形を整え、日陰で平干しする。

秋冬人気のニットキャップ。防寒目的だけでなく、おしゃれアイテムとしてつい毎日のようにかぶりたくなりますよね。でも、洗わずに何度もかぶっていると知らぬ間に汗やホコリで汚れていることが多いのだとか。そこで今回は、ニット素材を傷めずにしっかり汚れを落とす洗い方を紹介します。

ニットキャップは「エマール」でやさしく洗おう

まずは取扱い表示を確認しましょう。(旧表示:sentakuki  ・ tearai )がついていたら、家庭で水洗いOKです。「洗濯機マーク」(旧表示sentakuki  )がついていれば洗濯機で洗うこともできますが、ここではやさしく手洗いする方法をご紹介します。

手洗いするときは、やさしい洗い方でも洗浄成分が汚れにきちんと浸透し、繊維をケアして洗えるおしゃれ着用洗剤を使いましょう。

今回使うおしゃれ着用洗剤は「エマール」。気になる汚れやニオイをとるのはもちろん、繊維を保護してすっきり洗う繊維ケア処方で、大切な衣類のダメージを防ぎます。

<手洗いの方法>

1.シミや汚れにおしゃれ着用洗剤の原液を塗っておく

シミや、汗で汚れがつきやすい帽子の内側には、おしゃれ着用洗剤の原液を指でなじませておきます。

最初にシミや汚れをチェック

2.洗いおけにおしゃれ着用洗剤を手洗い濃度でとかして、20~30回押し洗い

20~30回、洗いおけの中でやさしく「沈める」「浮かせる」を繰り返したら、洗濯機で1分以内で脱水します。

温度が高いと縮みやすいので、水温は必ず30℃以下に。

洗いおけにキレイな水をはり、すすぎを行う

3.洗いおけにキレイな水をはり、すすぎを行う

キレイな水のなかで、押し洗いの要領で10~15回、「沈める」「浮かせる」を繰り返します。

4.水を替え、2回目のすすぎを行う

このとき、柔軟剤を入れると、静電気や毛玉を防いでふっくら仕上がります。

5.タオルドライをし、形を整える

ニットキャップをタオルではさみ、やさしく手で押して水分を取ります。このとき、形も整えましょう。

6.日陰で平干しにする

型崩れや伸びを防ぐために平干しハンガーやピンチハンガーの上を使って、平干しにしましょう。また、直射日光に当てると色あせや黄ばみの原因になるので、陰干しにしましょう。

型崩れや伸びを防ぐため、平干しハンガーやピンチハンガーの上で平干しにする

ケアしたニットキャップをかぶってみたところ、ふわっとした手触りに!この冬は、こまめにニットキャップを洗ってみようと思います!

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事