【マンガで解説】花粉対策に消臭除菌スプレーって、効果はどうなの?

【マンガで解説】花粉対策に消臭除菌スプレーって、効果はどうなの?

毎年悩まされる花粉。マスクや花粉対策メガネなどで防御していますが、うっとうしいし面倒。もっと手軽にできる花粉対策はないかと探してみたところ、花粉が付きにくくなるという消臭除菌スプレーを発見!…でも、なぜ花粉を寄せ付けにくくできるの? そこで、「リセッシュ除菌EXプラス プロテクトガード」の商品開発担当の松尾さんを直撃しました!

花粉の対策に「スプレー」って、意味あるの?

花粉の対策に「スプレー」って、意味あるの?

花粉の対策に「スプレー」って、意味あるの?

「リセッシュ除菌EXプラス プロテクトガード」気になるギモンに答えます!

【ギモン1】花粉を寄せ付けにくくするには、どれくらいスプレーするのが良いの?

スーツ・ジャケット・制服などには約15回、カーテンやソファ、干す前のお布団などには約20回が目安。20~30cm離し、全体が軽く湿る程度にスプレーします。

また、しっかり吹きかけるには、本体のトリガーをしっかり引ききることが大切。動かしながらスプレーすると、まんべんなくかけられますよ。スプレー後、よく乾かしてから着用してください。

「リセッシュ除菌EXプラス プロテクトガード」気になるギモンに答えます!

【ギモン2】どれくらいで乾きますか?暖房の近くで乾きますか?

衣類の材質とスプレーした量にもよりますが、ジャケット1着にまんべんなくスプレーした場合、約1時間程度で乾きます(室内の環境によっても差があります)。触って乾いていれば着用してOKです。

エアコンの近くで乾かしても問題ない衣類や布製品であれば、エアコンの温風で乾かしてもいいでしょう。

【ギモン3】スプレーの効果はどれくらい続くの? 着るたびに洗濯するわけではないコートなどの場合、スプレーした翌日も効果は期待できますか?

翌日であれば効果は期待できます。

ただ、「リセッシュ除菌EXプラス プロテクトガード」には、消臭効果や除菌効果もあるので、着用前後・使用前後に毎回スプレーするのがおすすめですよ。

【ギモン4】衣類の素材によって効果の違いはあるんですか?

素材によって効果に差はあります。もともと静電気がたまりにくい綿系の素材より、静電気がたまりやすいポリエステルやアクリルなどの化学繊維の素材のほうが、効果を実感しやすいです。

【ギモン5】保育園や幼稚園の制服に使っても大丈夫?

安全性が確認されておりますので、子どもの衣類に使用しても安心です。

【ギモン6】濡れた衣類と乾いた衣類では効果に違いはありますか?

効果は変わりません。干した直後の濡れた洗濯物にスプレーするのも、花粉対策としておすすめです。濡れている衣類は「しっとりした程度」がわからないため、「ギモン1」でお答えした回数を目安にスプレーしてくださいね。

【ギモン7】柔軟剤を使った衣類に使っても大丈夫?

柔軟剤との併用もOK。柔軟剤にも静電気を防止する効果があり、それぞれが効果を発揮しますよ。

「リセッシュ除菌EXプラス プロテクトガード」気になるギモンに答えます!

ライターが使用感をレポート!家の中の花粉対策に使ってみた
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

服に花粉をつきにくくする!

オンラインショップ

「マイカジ編集部」のおすすめ記事