【おそうじペコさん】使い捨てグッズで、掃除の後片付けを時短しよう

床はフロア用ワイパー、水回りは使い古した歯ブラシなど、使い捨てできるお掃除グッズで準備・片付けの手間を解消!

せっかく時短家事を心がけていても、準備や後片付けに時間がかかっていては本末転倒。そこで、掃除研究家として活躍するおそうじペコさんに、準備や片付けの手間がかからない掃除術を教えてもらいました。

床掃除はフロア用ワイパーで

床の掃除と言えば、まず「掃除機をかける」のが基本と思っている人も多いと思います。でも掃除機って重いし大きいので、出したりしまったりするのも一苦労ですよね。しかも、いきなり掃除機をかけると、細かいホコリが空中に舞い上がってしまい、それが数時間経ってまた床に戻ってくるというサイクルになるため、実はあまりおすすめできないんです。わが家では、フロア用のワイパーでホコリを一旦取り除いてから、大きなごみがあるときだけ掃除機をかけるようにしています。これなら気づいたときにサッと掃除できますし、掃除機の出し入れの手間もかからないのでとってもおすすめです。

キッチンまわりの掃除も、使い捨てアイテム投入で時短に!

忙しいときは、キッチンまわりの掃除や後片付けにも、ふきんや雑巾ではなく、キッチンクイックルのような使い捨てタイプのお掃除シートを使用しています。まずは食後にテーブルの上を拭き、その後ガスコンロ周りやキッチン家電、冷蔵庫まで、ざっと拭き掃除をします。

食後にテーブルの上を拭き、その後ガスコンロ周りやキッチン家電、冷蔵庫まで、ざっと拭き掃除をします。

シートがしっかりしているので、軽い油汚れなら問題なく落とせますし、両面使えるので広範囲までしっかり拭き取ることが可能です。ふきんで油汚れなどを拭き取ると、洗濯してもなかなか汚れが落ちないため、漂白やシミ抜きが必要になり、結果的に余計な手間を増やしていることもあるので、潔く使い捨てアイテムを投入するのもひとつの時短テクニックです。

歯ブラシやスポンジはとことん使い倒す

わが家では、毎月1日を「消耗品交換デー」と決め、歯ブラシやスポンジなどを一斉に取り替えています。そして古くなったものは掃除道具として再利用。歯ブラシなら蛇口まわりや排水口の掃除、スポンジは玄関の拭き掃除やバルコニーの掃除などに、しっかり使い倒してから捨てるんです。

歯ブラシやスポンジはとことん使い倒す

こうすると、わざわざ排水口用や外掃除用の掃除道具を買う必要がなくなり、経済的にも◎ こうやって家の中のものを定期的に循環させていくと、いつも新鮮な気持ちになれますし、家事のやる気にも繋がるんですよ。

使い捨てグッズを無駄なく使えば、掃除のたびに道具を洗って片付ける面倒臭さも解消できます。より気楽な気持ちで家事に取り組めますので、ぜひ活用してみてくださいね♪

○おそうじペコさん プロフィール○

主婦歴20年の掃除研究家。掃除好きが高じて、2007年より活動開始。日々発信される、毎日の掃除を楽しむ工夫や、汚れを落とすための綿密な研究を後悔したブログが話題となり、大人気ブログに。著書に『暮らしを楽しむ、お掃除エッセンス』『暮らしも心もピカピカになるお掃除やる気スイッチ』などがある。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

関連記事