自宅で簡単に洗濯できる!ニットのお手入れ【イラスト解説付き】

自宅で簡単に洗濯できる!ニットのお手入れ【イラスト解説付き】

冬の間は出番が多いニット。実は、おうちでも手軽に洗えるんです。今回は、おうちでニットを洗濯する際の、ふんわりキレイに仕上げるコツをご紹介します。

おうちで洗える?まずは取扱い表示をチェック

洗う前にタグについている取扱い表示を確認しましょう。「水洗い不可」の場合は自宅で洗えないので、クリーニング店におまかせしましょう。

取扱い表示の見方

初めて洗うときは、色落ちしないかチェック

濃い色のニットは、裏面など、目立たないところにおしゃれ着用洗剤の原液を少量つけ、5分後に白い布をあてて、軽く押さえます。

布に色がついたときは、ほかの服と分けて、洗いましょう。

シミや汚れがないか全体をチェック!

シミがあればその部分におしゃれ着用洗剤の原液を少量つけて、タオルで軽くたたきます。 (新表示:漂白処理はできない)の表示がなければ、スプレータイプの部分用酸素系漂白剤も使用できます。

洗濯機は「手洗いコース」か「ドライコース」を選ぼう

たたんで洗濯ネットに入れたニットを洗濯機の中へ。おしゃれ着用洗剤を入れ、「手洗い(ソフト)コース」か「ドライコース」を選び、脱水までおまかせ。ウールは縮みやすいので、必ず30℃以下の水温でやさしく洗います。

セーターの洗濯ネットへの入れ方に注目!

セーターの洗濯ネットへの入れ方に注目!

洗濯機で洗う際、必ず洗濯ネットに入れて洗い、1枚のネットに複数の衣類を入れると衣類同士がこすれて傷みやすくなるので、1枚のネットに1枚のセーターを入れるのが基本です。えりやそで口など汚れやすい部位を外側にしてたたんでからネットに入れましょう。

漂白剤・柔軟剤を併用しよう

ニオイが気になる場合は、液体酸素系漂白剤との併用がおすすめ。適量を一緒に入れてお洗濯して下さい。柔軟仕上げ剤を使うと、静電気を防ぎ、ふんわりと仕上がります。 洗濯機の投入口にあらかじめセットしておきましょう。

干し方で仕上がりに差がつく

干し方で仕上がりに差がつく

脱水後、すぐに取り出して、手で軽くたたいてシワを伸ばします。日光による黄ばみや色あせを防ぐために、必ず陰干しに。

ローゲージなどざっくりした編み方のニットは、重みで伸びてしまうのを防ぐため、必ず平干しにしましょう。

軽いセーターは厚みのあるハンガーにかけ、さおにかけましょう。また、袖は伸びないように、竿にかけておきます。

イラスト:今井久恵

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

おうちで手軽にニットを洗うなら

オンラインショップ

「マイカジ編集部」のおすすめ記事