伝線・静電気を防ぐ!ストッキングやタイツの洗濯方法

柔軟剤を使うと、着用時のすべりが良くなって伝線・静電気を防げます。洗濯時の伝線は、洗濯ネットで予防しましょう。

オールシーズン引っ張りだこのストッキングと、秋冬大活躍のタイツ。ある程度使い捨てだと割り切っているけれど、できるだけキレイに長く使いたいもの。そこで今回は、汚れをしっかり落とし、伝線を防いで長く履くための洗濯のコツを紹介します。

足裏についた黒ずみは、洗濯前に下処理

靴を脱いだときに気がつく、かかとやつま先などについた黒ずみ汚れ。これを落とすには、洗濯機に入れる前の下処理が重要です。

まず、液体の洗濯用洗剤を汚れた部分に塗ってもみ洗いします。それでも汚れが落ちなければ、汚れに直接酸素系の衣料用漂白剤をかけた後、洗濯用洗剤を溶かした水に30分浸しておきましょう。

なお、靴の革の色が移ってしまった黒ずみ汚れの場合は、これでも落ちない可能性があります。

ストッキングやタイツを洗濯機で洗うときのコツは?

ストッキングやタイツを洗うときは、柔軟剤を使うと、すべりがよくなって履きやすく、着用時にひっかかって起こる伝線や静電気の発生を抑えることができます。また、目の細かい洗濯ネットは、洗濯時の伝線を予防します。ネットの中で衣類が動くくらいの枚数を入れて洗いましょう。

酸素系漂白剤は、皮脂や菌、染み込んだ汗のニオイが気になるときに使いましょう。消臭・除菌効果でストッキングやタイツを清潔に仕上げてくれます。

<用意するもの>

・「エマール」などの洗濯用洗剤
・「ワイドハイター EXパワー」など酸素系の衣料用漂白剤
・「ハミングNeo」 などの柔軟剤
・目の細かい洗濯ネット

ストッキングやタイツを洗濯機で洗うときのコツは?

<ストッキング・タイツの洗濯方法>

1.洗濯表示をチェック

「洗濯機マーク」か(旧表示はsentakuki )、「手洗いマーク」 (旧表示は tearai)なら、洗濯機で洗濯が可能。「中性」の表示があったり「手洗いマーク」の場合は、おしゃれ着用洗剤を使い、「ドライ(手洗い)コース」で洗いましょう。

2.洗濯ネットに入れて洗濯機へ投入

3.洗濯機に、洗濯用洗剤・衣料用漂白剤・柔軟剤をセットして洗濯スタート!

4.脱水後は、竿やピンチハンガーなどに干して乾かす

薄手のものはネットのまま干すのがおすすめ。多くのストッキングやタイツに使われているポリウレタン素材は熱に弱いので、乾燥機の使用は避けましょう。

ストッキングやタイツを洗濯機で洗うときのコツは?

柔軟剤を使って洗濯してみたところ、するすると履けて、静電気を感じたり、うっかり伝線することが減りました!これからは、こまめに洗濯していこうと思います。

メイン写真: Getty Images

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事