1ヶ月1ヶ所収納でスッキリ気持ちいい生活を【食材管理編】

毎月1ヶ所ずつから収納を見直してみる、1ヶ月1ヶ所収納。今回はキッチンの食材管理を見直しましょう。

部屋全体をいっきに片づけるのは、時間も体力も使います。そこで毎月1ヶ所ずつ収納を見直して、無理をしない整理整頓をはじめてみましょう!

家が片づかないと悩んでいる人は、キッチンから見直してみるのがおすすめです。というのも、キッチンはほかに比べて独立した場所。鍋やおたまなどを寝室でも利用する、というお家はないですよね。キッチン用品はキッチンでしか利用しないため、ものが混在しづらく、使う道具が明確なので片づけやすいのです。

そんなキッチンの散らかる原因のひとつが「食材」。冷蔵庫や棚、引き出し、カゴなど収納場所があちこちに置きがちで、「うっかり賞味期限切れ」を経験した人も多いのでは? 
食材管理のポイントを、ライフオーガナイザーの宇高有香さんに聞きました。

1.浅い容器を使って、食材の賞味期限切れを防ごう

「引き出しの奥底で、忘れられた食材」「食べ慣れない海外のお土産」「1回使っただけの、使い慣れない調味料」など……。賞味期限を切らしやすいものは、しまいこまずにわざと見える位置に置き、数日中に食べきるようにしましょう。

インスタントスープやお茶漬けの素、かつおぶしやティーバッグなど袋ものは、箱やパッケージを捨て、中身だけにすると量が把握しやすくなります。深さのある容器に収納しがちですが、ここはあえて浅い容器に。子どもでも残量がひと目でわかります。

浅い容器を使って、食材の賞味期限切れを防ごう

2.防災用の備蓄食材と、ふだん使うものは区別して

「災害に備えて、食材をとりあえず多めに買っておこう」と考える人は少なくありません。でも実はこれ、ストック食材があふれ、キッチンが散らかる原因でもあるんです。我が家では防災用の食材は、ふだん使わないキッチン棚の高いところにわけて保管しています。

高いところでの整理収納に便利なのがハンドル付きボックス。手前にラベルを貼り、中身と賞味期限を記入しています。同時に、賞味期限の1ヶ月前にスマホのリマインダーを設定。こうすれば、賞味期限を見逃すこともありません。

防災用の備蓄食材と、ふだん使うものは区別して

備蓄しているのは災害用で販売している特別な食材ではなく、ごく普通のレトルトカレーやパスタソース、缶詰や乾麺など。子どものことも考えて、食べ慣れた味を用意しています。非常食の調理方法などが書かれた記事のコピーも一緒に入れておくと、すぐ見られるようになるので便利です。

3.使いかけの調味料は、サイクルを意識しよう

特に夏は虫がわきやすい季節。使いかけの調味料は100円ショップのプラスチック容器にいれて、虫が寄らないように保存しています。このとき、砂糖や塩を入れる容器の近く(写真だと容器の奥)にスタンバイさせておくと、ストックの残量がつねに把握できます。

使いかけの調味料は、サイクルを意識しよう

また、定期的に調味料の表示を確認するのもお忘れなく。「開封後は冷蔵庫で保存」と書かれていることに気づかず、常温保存している調味料が見つかるかもしれません。

以上、まずは3つのポイントを試してみてください。
食材は、なくても困るし、あまっても困りますよね。片づけの第一歩は、ものの全体量を把握すること。限られたキッチンのスペースで、何がどれくらいあるかを把握できれば、自然と無駄買いも減ってスッキリしますよ。

プロフィール

取材協力:宇高有香さん

○プロフィール○
宇高有香(うだか・ゆか)/ライフオーガナイザー。もともと片づけが苦手だったが、自邸の家づくり中に片づけの大切さに気づき、ライフオーガナイザー1級を取得。夫と2人の子どもと4人暮らし。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

関連記事