夏こそ菌対策!泡ハイターと普通のハイターを使い分けて清潔に

清潔なキッチンはここが違う?!次亜塩素酸塩配合のキッチンハイターとキッチン泡ハイターを使い分けて、夏の菌対策を!

気温も湿度も高くなるこの時季、キッチンの衛生が気になります。食材に直接触れるまな板や包丁は、「キッチン泡ハイター」をこまめにスプレーしていますが、食器用洗剤ですませがちなコップやふきんもしっかり除菌しないと心配です。
スプレータイプの「キッチン泡ハイター」を頼りにしている私ですが、ふきんやコップは、つけおきで、すみずみまで除菌できる「キッチンハイター」がおすすめと知りました。子どもが赤ちゃんの頃は哺乳瓶の除菌に使っていましたが、こちらも久しぶりに使ってみました!

タッパーを使ったつけおきで、ふきんをしっかり除菌!

まずは、気になっていたふきんの除菌です。実は、ふきんは雑菌が繁殖しやすいとのこと。ふきんが清潔でないと、こまめに拭き掃除をしていても、かえって食卓や調理台にばい菌を広げてしまいかねません。

「キッチンハイター」はつけおきタイプなので、繊維のすみずみまで漂白・除菌ができるそう!今までは、つけおきしたくても洗い桶がなくあきらめていましたが、プラスチック製のタッパーやボウルでもOKと知り、早速やってみました!

<ふきんのつけおき方法>

  1. キッチンハイターのうすめ液をつくる
    (1Lの水に6ml)
  2. ふきんを入れてつけおく
    (除菌・消臭の場合は約2分、漂白の場合は約30分)
  3. 水でよくすすぎ、しっかり乾かす
    ※キッチンハイターを使用する際は炊事用手袋を着用する

タッパーを使ったつけおきでふきんをしっかり除菌

今回はしっかり30分つけおきしたところ、ふきんの白さが戻りました!気になっていた菌の対策もできてひと安心です。
手持ちのタッパーでつけおきができるのは手軽でいいですね。これからもやってみようと思います。

傷が入ったプラスチックコップも、つけおきで安心!

ふきんの他にも、除菌ができているか気になっていたのが、息子が保育園で使っている青のコップ。毎日持ち帰って洗ってはいましたが、プラスチック製なので、こまかい傷にばい菌が入り込んでいないかちょっと心配でした。ついでにコーヒー跡がついてしまったマグカップと、茶渋が気になる湯呑も一緒に漂白してみます。

<コップ、マグカップのつけおき方法>

  1. キッチンハイターのうすめ液をつくる
    (1Lの水に10ml)
  2. コップやマグカップを入れてつけおく
    (除菌・消臭の場合は約2分、漂白の場合は約30分)
  3. 水でよくすすいで乾かす

30分つけおきをして洗い流したところ、マグカップのコーヒー跡や湯呑の茶渋がきれいに落ちました。

子供のプラスチックコップもつけおきで安心

息子のプラスチックコップも、なんだかスッキリした気が!これで毎日安心して持たせられます。

他にも、キッチンハイターを使ったつけおきは、赤ちゃん用のマグのストローなど、細かな部分があるものの除菌や漂白に便利なのだそう。プラスチック製の水筒やタンブラーのフタ部分が気になっていたので、今度はこれらをつけおき漂白してみようと思います。

まな板の菌と汚れは、泡ハイターでシュシュッと一撃!

いつものまな板除菌は、やっぱりスプレータイプの「キッチン泡ハイター」が便利です。食材を切った後の着色汚れや、包丁傷に入り込んだ黒ずみが気になるので、洗い物の最中、まな板に色がついて気になったタイミングなどで「キッチン泡ハイター」をシュシュッとスプレーして除菌・漂白をしています。

<まな板除菌・漂白のやり方>

  1. まな板にキッチン泡ハイターを吹きかける
    (除菌なら30秒、漂白なら5分おく)
  2. まな板除菌

  3. 流水で30秒以上洗い流す

流水で30秒以上洗い流す

※キッチン泡ハイターを使用する際は炊事用手袋と、目の保護の為メガネ等を着用する

洗い流すと真っ白になって気持ち良い!スプレーして洗い流すだけでキレイになるのがうれしくて、ついついやっちゃいます。真っ白だと、次に使うときにばい菌がいないか心配せず、安心して料理に集中できるのもうれしいです。

排水口のニオイ・ヌメリも泡ハイターが解消!

続いて、排水口のヌメリも、「キッチン泡ハイター」で解消しましょう。排水口のヌメリは、菌が汚れと一緒に付着して、増殖する際に出す粘着物。嫌な臭いの原因にもなるので油断なりませんよ!

<排水口のヌメリ除去のやり方>

  1. あらかじめごみ受けなどにたまった生ごみを取り除く
  2. ヌメリが気になる部分にキッチン泡ハイターをスプレーして約5分おく
  3. 流水で30秒以上、洗い流す

排水口のニオイ・ヌメリ対策

排水口のヌメリがスッキリ!シンクもスプレーをかけたところがピカピカになり、キッチン全体が明るくなりました。シンクをゴシゴシするのは気が引けるので、スプレーするだけできれいになるのがうれしいですね。
泡タイプのスプレーなので、排水口の垂直面にも泡がとどまってくれる点が気に入っています。

この夏は、“プロ除菌・漂白*”の「キッチンハイター」と「キッチン泡ハイター」をかしこく使い分けて、もっと清潔に過ごしたいです。

*[飲食店のプロも使う次亜塩素酸塩配合製品]で洗い流す除菌のこと。

すべての菌を除菌するわけではありません。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

暑さで心配なキッチン回りの菌対策に!

オンラインショップ

「汗ばむ季節を快適に過ごそう!」のおすすめ記事