働くママの家事スケジュール【スタイリスト井戸川さん編】

家事に仕事に、働くママはとにかく時間が足りません。要領よく家事を行うコツは、時短の積み重ねにヒントがありました。

働くママにとって家事と仕事の両立は大変。だからこそみんながどのように家事をやりくりしているか気になりますよね。

今回は、2児の母として家事をこなしながら、ファッションスタイリストとして活躍する井戸川弓子さんに、効率よく育児と家事ができる時間の使い方について話を伺いました。

すきま時間を活用して、効率よく動きたい

「24歳で結婚しましたが、当時はお米すら炊けなかったんです(笑)」と、笑いながら新婚時代を振り返る井戸川さん。その頃に比べれば、現在はだいぶ要領よく家事ができるようになったと話します。

「今でも長時間の撮影が続くと『あれもやらなきゃこれもやらなきゃ!』とパンパンになることもありますが、できないときは夫や義母にお願いしたり、まわりに助けてもらっています」

そんな井戸川さんの、ある日の1日の家事スケジュールがこちら。

働くママの1日のスケジュール

忙しい日は朝早くから遅くまで撮影の仕事があり、家事は夜がメインになる日も多いそうです。そのため、いつも「時短」を意識し、すきま時間を活用して家事をしているそうです。

井戸川さんが家事スケジュールで工夫しているポイントについて伺いました。

①ネットスーパーの利用で時短&無駄のない献立に

井戸川さんの時短に一役買っているのがネットスーパーの存在。たとえば翌日にまとめて料理ができそうなときは、献立を決めて冷蔵庫にない食材を把握しておくようにしているのだそうです。
仕事や家事が落ち着いたすきま時間にスマートフォンから注文。翌日受け取れる時間に自宅に届けてもらうようにしていると言います。

「以前はスーパーに行ってまとめ買いしていたのですが、買い物に時間もかかるし、一度にたくさん買っても食材を上手く使い切ることができなくて……。ネットスーパーを利用するようになってからは、献立に不足している食材だけをちょこちょこ買えるのでロスが減りました。スーパーに買いに行く手間も省けるので助かりますね」

ネットスーパーの利用で時短&無駄のない献立に

家での食事は和食が中心。朝出かける前に昆布と煮干しを水に浸けておみそ汁のダシを準備して、野菜はある程度カットしておくそうです。そうすることで、帰宅後でも短時間で夕飯の準備ができるといいます。

「週末に、子どもの好きな炊き込みご飯やハンバーグなどをまとめて手づくり。小分けにして冷凍ストックしたり、常備菜を冷蔵庫に保存したりしています。大人だけが食べるようなおかずは、お惣菜を買って……手抜きする日もありますよ!」

②子どもたちのお手伝いでママの仕事を削減

「最近は子どもたちが『手伝いたい!』と主張する時期になってきたので、これはいいタイミング……と思って、タオルなどをたたんでもらっています。『洗濯物をたたんでね!』よりも『どっちが早くできるか競争しよう!』とゲームのように声をかけると、俄然やる気になるみたいです」と、井戸川さん。

子どもたちのお手伝いでママの仕事を削減

また、お風呂場の掃除だけは、ご主人と息子さんが担当しているのだそうです。
「これ1つだけでも、『私じゃない誰かがいつもやってくれる家事』というのがあると助かります。あれこれお手伝いをお願いするより、1つだけ手伝ってもらう方が習慣化して長続きするのかもしれません」

③家族全員に予定を知らせる、スケジュール管理法

自分のスケジュール管理はスマホのカレンダーアプリで管理。これとは別に、家族に知らせるためのスケジュールは自宅の冷蔵庫にカレンダーを貼って、予定を書き込むのだそうです。

「夫は仕事で留守が多いので、家族のイベントや、学校の行事も全部ここに書いて共有しています。私の仕事はスケジュールが不定期なので、いちいち報告しなくても、夫がこれを見て『この日はお迎えに行こうか?』と、仕事の予定を調整してくれるようになっています」

家族全員に予定を知らせる、スケジュール管理法

家事と仕事を両立するためには、「仕事中は手を抜かず、とにかく仕事に集中!」というのが井戸川さんの考え方。その代わり、子どもが起きている時間は家に仕事を持ち込まず、完全オフモードにすることでバランスがとれるのだそうです。

「仕事と家事はきっちりわける方が、私には合っているんだと思います。子どもが寝てから時間にゆとりがある夜は、1人でも夫婦でも、家で晩酌するのが息抜きの時間です」

プロフィール

取材協力:井戸川弓子さん

○プロフィール○
井戸川弓子(いどかわ・ゆみこ)/1986年生まれ。雑誌モデルとして活躍したのち、スタイリストに転身。ファッション誌、広告、アーティスト、タレントなど数多くのスタイリングを手がける。夫と2人の子どもと4人暮らし。

写真(洗濯イメージ):Thinkstock / Getty Images

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

関連記事