入浴中のながら掃除で、普段のお手入れをちょっと楽に!

手間がかかるお風呂掃除。入浴中にできる「ながら掃除」を取り入れると、時間をかけずキレイを保つことができますよ。

お風呂場は頑固な汚れになりやすく、掃除するのが面倒になる場所ですよね。 今回は暮らしスタイリストの河野真希さんに、キレイなお風呂場を保つ「ながら掃除」について教えていただきました。

汚れが落ちやすい入浴中はお掃除にぴったり

身体や頭を洗うお風呂場は、水垢や石けんカス、皮脂汚れや髪の毛などの汚れが溜まりやすい場所です。これらの汚れは時間とともにどんどんと頑固で落ちにくくなり、掃除をするのがますます厄介になることがあります。そこでオススメなのが、入浴中の「ながら掃除」です。気づいたときにササッと取りかかれるので、日々の入浴中なら気になる部分をこまめに掃除できます。

入浴中はちょこっと掃除にピッタリ

また、お風呂に入りながらの掃除は、汚れが落ちやすく感じられます。例えばお風呂掃除以外のシーンでも、濡れ雑巾で拭いただけでは簡単に落ちない頑固な汚れも、お湯で濡らしたあと、時間を置いてから、もう一度拭くと落とせたという経験はないでしょうか。入浴中は温度と湿気が高くなり、浴室全体が自然とお湯で濡らしたような状態になります。すると、汚れが落ちやすくなり、掃除がラク。汚れを流すための水も浴槽からさっと汲めるので、無駄なく掃除が済ませられます。

スポンジやブラシで目についた汚れをササッとお掃除

汚れによっては、ついてすぐであればさっとこするだけですぐに落ちますが、時間が経てば経つほどこびりついてしまいます。特に水垢やカビなど厄介そうな汚れを見ると、見て見ぬふりをしたくなるかもしれませんが、後回しにしないことが少しでも掃除をラクにするポイント。

お風呂に入るときには、スポンジやブラシなどの掃除用具を持ち込んで、手元の届く場所に置いておきましょう。身体や頭を洗いながら、湯船に浸かりながら、目についた汚れがあれば、その場でササッとこすっておけばOK。

スポンジやブラシで目についた汚れをササッとお掃除

タイルの目地やパッキンは使い終わった歯ブラシで

タイルの目地やゴムパッキン、蛇口の周り、排水口などの細かい部分の汚れは、スポンジや大きいブラシでは落としにくいことがあります。そんなときに用意したいのが歯ブラシ。毛先が広がって使えなくなった古歯ブラシでOKです。ピンポイントで力を入れられるので、水垢などの頑固な汚れもしっかりと落とすことができます。

タイルの目地やパッキンは使い終わった歯ブラシでお掃除

ただし、注意したいのがカビ汚れ。黒ずみを落としたいとゴシゴシこすりたくなってしまいますが、強い力を加えると目地やパッキンなどに傷がつき、カビがより深く浸透してしまうことがあります。お風呂場のカビ掃除だけは、入浴中のながら掃除はNG。濡れていないときにカビ取り用洗剤を使い、こすらずに水で流しましょう。

面倒なお風呂掃除も、入浴中の「ながら掃除」なら、まとめて時間をとって掃除をしなくていいのでラクちん。いつ見てもキレイなお風呂場が保てるので、バスタイムがもっと気持ちがいいものに変わります。気づいたときの「ながら掃除」、あなたも始めてみませんか。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

関連記事