働くママの家事スケジュール【ライフオーガナイザー宇高さん編】

家事と仕事の両立で忙しい宇高さん。家電の活用や、家族の協力を促す仕組づくりで、家事の負担を減らす工夫をしています。

働くママにとって、時間のやりくりは毎日の課題です。今回は、小学生2人の子育てをしながら、ライフオーガナイザーとして働く宇高有香さんに、日々の家事スケジュールや時短のコツなどを伺いました。

仕組みをつくれば、生活はラクになる

「夫の勤務地が変わったことで、平日の家事や子育てを夫に頼ることが難しくなってしまいました。私自身も働いているので、家のこと全部を私だけでやろうと思うと追いつきません」。そう話す宇高さんは、家電を活用したり、子どもたちにお手伝いしてもらったりすることで少しでも家事負担を軽減していると話します。

「私が先回りして『あれしなさい、これしなさい』と言わなくても済むように、子どもがお手伝いしたくなる環境をつくったり、やるべきことをリスト化してひと目でわかるようにしたりして工夫しています」

そんな宇高さんの、ある日の1日の家事スケジュールがこちら。

働くママの1日の家事スケジュール

日中は、お客さんの家を訪れて整理収納のアドバイザーをすることが多いため、家事をするのは主に朝と夜。そのなかで、宇高さんが工夫しているポイントを教えてもらいました。

①忙しい主婦の味方、家電の力に助けてもらう

家電を上手に使いこなしていることも、宇高さんの時短につながっています。

「以前は食器もすべて手で洗っていたのですが、食洗機のある家で暮らすようになってからかなりの時短になりました。朝食の食器は予洗いだけしておいて、夕飯後に調理器具やコンロの五徳などもまとめて1回で洗っています」

食洗機で1日の食器をまとめ洗い

食洗機以外にも、外出中に掃除をしてくれるお掃除ロボットや、寝ているあいだにタオルを乾かしてくれる乾燥機付きの洗濯機なども活用しています。

「いまは便利な家電がたくさんあるので、助けてもらうのも選択肢のひとつだと思います。ボタンを押すだけなら夫や子どもにお願いもしやすいです。乾燥機付きの洗濯機のおかげで、以前よりも洗濯物にかかる時間がぐんと減りました」

②寝る前に、リビングだけはきれいに片づける

毎晩、宇高さんが寝る前に習慣としているのが、郵便物や書類など出しっぱなしになっているものをすべて片づけてから寝ること。テーブルや床にものがない状態にして、1日の終わりにリセットするそうです。

「といっても、家全体を片づけるのは大変なので、リビングだけです。お風呂に入ったらもう何もしたくなくなるので、入浴前の5分で片づけをしています。その日の分だけを片づけることで、部屋が散らかりにくくなることにもつながります」

寝る前5分の片付け

リビングだけとはいえ毎日ここまで部屋をきれいに保つことは、なかなか難しいことですが、「数年前まで私も片づけが苦手だったんです」と、宇高さんは話します。

「慣れない育児と仕事の両立に追われる日々で、細かいことは見て見ぬふりでした。でも、5年前にライフオーガナイザーという資格の勉強をして、片づけやすい部屋づくりを心がけるようになりました」

③子ども自身が時間管理の能力を身につける工夫をする

宇高さんの自宅のダイニングテーブルには、小さなボードが置かれています。ここに書かれているのは、子どもたちの「朝の予定」や「帰ってきたら何をするか」ということ。

「お母さんが忙しいと、いちいち説明するのが面倒で先回りしてやってしまうことも多いですよね。それだと負担ばかりが増えてしまいます。子どもの自立心を育てるためにも、子どもが自分で動けるように、1日のなかでやるべきことをリスト化しました」

子どもたちのやることリスト

「もちろん、全部を完ぺきにこなせない日もあります。でも、これをつくったことで『早くしなさい!』と言うことが減り、『次は何だっけ?』『ボードを見て』と声をかけるようになりました。子どもが時間管理できるようになるとある程度任せられるので、母親の負担はだいぶ軽減すると思います」

子どもを叱ってばかりでは、お母さんの疲弊にもつながる、と宇高さん。このスケジュールボードをつくったことで、子どもが率先して動けるようになり、家族全員の笑顔が増えたそうです。

自分1人で家事と育児を抱え込まず、環境や仕組みをつくることで、家族みんなで家事を分担している宇高さん。子どもたちの意識が変わったことで洗濯や片づけもスムーズに進み、以前より心に余裕が生まれるようになったそうです。

プロフィール

取材協力:宇高有香さん

○プロフィール○
宇高有香(うだか・ゆか)/ライフオーガナイザー。もともと片づけが苦手だったが、自邸の家づくり中に片づけの大切さに気づき、ライフオーガナイザー1級を取得。夫と2人の子どもと4人暮らし。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

関連記事