【鈴木尚子さんに学ぶ】時短につながるキッチン収納アイデア

キッチン収納はシンプルで見やすく、最低限のものだけを揃えることで物を探す時間を短縮することができます。

思考と空間を整理し、使い勝手のいい暮らしに近づけていく整理術「ライフオーガナイズ」をベースにした著書「もっと心地いい暮らし」(中経出版)で人気の鈴木尚子さん。整理収納方法を提案する「SMART STORAGE!」の代表でもある鈴木さんに、毎日のキッチン作業が驚くほど楽になる、収納のコツを聞きました。

楽しく料理ができるよう、キッチンに工夫をほどこそう

家族の笑顔や健やかな体は、キッチンから生まれるおいしい料理があってこそ。2児を育てながら、仕事で忙しい毎日を送る鈴木さんにとって、このキッチンはコックピットでもあるのです。

迷ったり戸惑ったりする時間を減らし、楽しく料理や片付けができるようご自宅のキッチンには、あらゆる工夫が施されているそう。その中から、今すぐ真似できる目からウロコの収納術をご紹介します。

キッチンに単語カードや携帯充電器!?

外から帰ってきて急いで夕食の準備をする時、直行するのはキッチン。まずは、そこに携帯電話の充電器とアクセサリーボックスのスペースを確保しましょう。帰宅後バッテリーの減った携帯電話を充電し、時計や邪魔なアクセサリーは外して、アクセサリーボックスへ。

ピアスなどの紛失防止にもなり、調理の音が大きくても、もしもの仕事の着信もきちんと対応できます。

そして、この単語カード、実はレシピ帳なんです。自分のベストな味付け、ソースや調味液の分量がメモしてあるので、本棚でレシピ本を探す手間もなく、目分量よりも早く簡単に味が決まり、 時短調理に大活躍!

調味料は文字や色味を排除した容器に詰め替え

鈴木さん宅のキッチンが、生活感がなくすっきりと見えるのは、文字情報を排除して最小限の色使いにしているから。キッチンに置くものは、白、黒、シルバーの3色以内+透明ガラスというルールを決めているのだとか。

調味料やスパイス、ハーブのパッケージなどはできる限り存在を薄くするために詰め替え容器へ。100均のガラス瓶や通販で買ったDULTONのガラスジャーに、テプラでネームシールを貼っておくと、統一感があってスッキリ。迷子防止にもなります。

ビニール袋をぜいたくに使用する

鈴木さんは、スーパーの薄いビニール袋で代用せず、買ってきた食材は必ず厚手のビニール袋やスライドジッパー式ストックバッグに入れて冷蔵庫や冷凍庫にしまっているそう。ビニール袋をぜいたくに使うほうが食材をムダなく使い切れるそうですよ。

お弁当は朝10分で!

幼稚園に通う娘のため、お弁当作りが日課。この引き出しに、お弁当作りに必要な全てが入っているので、1秒でも大切な朝も、約10分でお弁当ができるのだとか。上の写真にあるようにメラミンのスポンジにピックを刺しておくと選ぶ時間が短縮できます。

冷蔵庫にはペンとメモ

食材の買いだめはしない鈴木さん。買い足すものを忘れず、買い物先で悩まないためにも、冷蔵庫にメモとペンは必須。とはいえ、冷蔵庫にペタペタ貼るのではなく、最小限に。ちなみに冷蔵庫もメモケースも白とシルバー。色のルールはここでも意識しています。

平日用の食器は棚の最下段にあるモノだけ

忙しい平日に、どのお皿を使おうと考えるのは時間の無駄。棚の最下段は和洋を問わず、朝も夕も使えるシンプルなお皿を2〜3種、ご飯茶碗、お椀、グラスやマグだけにしましょう。

棚の中段にあるプラスチックの収納ボックスは、タッパーなどを入れるもの、調理器具を入れるもの、と用途別に分けて収納。

台ふきんを除菌する時間も省略

台ふきんを洗って、除菌して、乾かして…という手間を省くため、使い切りカウンタークロスを愛用。洗ってもヘタレにくく、ダイニングテーブル、キッチンカウンター、シンクまわりやガスレンジまわり、最後は床を拭いてポイするだけ。消耗品なので気軽に使え、掃除も気づいた時に行えるので時短につながります。

人が集まる機会が多いお家も、遊びに来た友人たちが手伝いやすいシンプルなキッチン収納にしていれば、おもてなしも楽になります。見た目もキレイで時短ができるキッチン収納を始めてみてはいかがでしょうか。

取材協力:SMART STORAGE! 代表 鈴木尚子さん

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事