定位置を決めてムダ知らず。冷蔵庫収納のコツ

 

年末年始に向けて、家の中を少しずつ見直したり、整理したいシーズンが到来。

思考と空間を整理して、使い勝手のいい空間や暮らしに近づけていく整理術「ライフオーガナイズ」。その考えをベースにした著書「もっと心地いい暮らし」(中経出版)で話題の鈴木尚子さん。

心地いい暮らしのための整理収納方法を提案する「SMART STRAGE!」代表でもある鈴木さんに、冷蔵庫収納のコツをうかがいました。

収納するモノの定位置を決め、同じところへ戻すだけ

131119-04-02

つまり、収納するモノの定位置を決めれば、ムダに冷蔵庫のドアを開けて探すこともなくなり、「買ったのを忘れて、賞味期限が切れていた」と食材をムダにすることもなくなるというわけ。では、いろいろな整理のアイデアが詰まった鈴木さん宅の冷蔵庫を実際に見てみましょう。

容器のルールは「白、ガラス、透明」

131119-04-06

「モノには彩りがあるので、色や文字の氾濫は極力無くしてシンプルに、思考を散らさない」という鈴木さん。そのため、冷蔵庫の中を整理する収納グッズは、色は白か透明でなるべくガラス製というのが基本ルール。液体の調味料は、入れ替える手間が面倒なので、あえてそのままの容器に入れたままだが、置く場所を1カ所にまとめることで、視界から入る情報を少なくし、スッキリとした印象に整うのだそう。

  1. 最上段
    常備しているもの(天かす、白いりごま、昆布のつくだに、青のり、10gにカットしてすぐ使えるバター、味噌)
  2. 2段目
    子どものおやつ類、梅干し、自家製ピクルス、キムチ
  3. 3段目
    トレイから出して一口大に切り、あとは調味するだけの肉、もしものために空けておくスペース、ビール
  4. 4段目
    子どものお弁当用のかまぼこなどの加工品、あと少しで使い切りたい調味料や食材、スタメン待ちでお試し期間中の調味料や食材、自家製にんにく醤油・ラー油・酢のトレー

ちなみに、鈴木家の冷蔵庫は2ドアタイプなので、開きの大きい右ドア側に使用頻度の高いもの、開きの小さな左ドア側に使用頻度の低いものが収納されています。

収納グッズの見た目やデザインは極力シンプルに、とはいえ、働く母にとって“詰め替え”などの面倒なことは極力排除。実は、味噌も野田琺瑯のキャニスターにパックごと入れてあるだけ。キャニスターを洗って乾かす手間もなし! 大きなサイズの味噌を買うより、美味しいうちに使い切れるというメリットを重視してこのサイズに。

131119-04-03

毎朝お弁当作りをするママの必須アイテム ふりかけ。ごちゃごちゃしたパッケージも、1カ所にまとめて置けば、冷蔵庫の中を探さなくてもいいし、見た目もスッキリ。

131119-04-04

野菜室は引き出した時に、何があるか俯瞰できるように整理・収納するのがコツ。タッパーに入れた野菜は、天地を逆にしておくと、中身が見えやすいので、自然と使い切れます。

上の段には野田琺瑯のレクタングル、下の段はAmazonで購入した「mama’s kitchen野菜室整理ケース」で野菜室を仕切れば、葉物などは立てて保存でき、ゴロゴロと転がったり、つぶれることもなし。

また鈴木さんによると、自分にとって使いづらい食材はどうしても残ってしまうので、自分が使いやすい、料理しやすい食材を買うこともポイントだそう。そうすれば、庫内をいつも見渡せて、結果的に掃除が楽ちん!

131119-04-05

まとめ買いはしない。3日以内に使い切れるものを

セミナーの講師、クライアント宅のオーガナイズ、スタッフとのミーティング…など、多忙な鈴木さんは、小学生と幼稚園の子ども2人を育てる働く母でもあります。

“いざ”というときのために、冷蔵庫にはストックが多いのかなというのは取材をする以前の勝手な思い込みで、食材の買い出しは、2日分の献立をまとめて買うようにしていて、生鮮食品は3日以内に使い切れる物と量しか買わないようにしているとか。

そうすることで、冷蔵庫の中身が俯瞰で見渡すことができるのだそう。つまり、食材の在庫が整理されているので、残っているもの、買うべきものが一目瞭然。家事の時間短縮にもつながるというわけなのです。

冷蔵庫をパタパタ開けて冷気を逃すこともなく、駄目になって捨てる食材もないので、省エネでエコ。特売だからといろんなモノを買うより、自分の必要なものを必要なだけ買う方が、家計もスマートになるそうです。

まとめ

実際に冷蔵庫内の物を動かす前に、「どこに何をしまったら便利だろう?」「使用頻度は?」「うちの家族構成にあっているかな?」と考えるだけで、がらりと違いが出てくるはず。冷蔵庫内の定位置を決めたら、慣れるまでは紙に書いて冷蔵庫に貼っておくと、いいかもしれませんね。

 

取材協力:SMART STRAGE! 代表 鈴木尚子さん

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事