【鈴木尚子さんに学ぶ】食材のムダが減る!冷凍庫の整理収納術

冷凍庫はストックバッグやブックエンドで立てる収納を。どこに何があるか分かり、ムダなく食材を使い切れます。

時間がないときに役立つかも、とついついストックを溜めがちな冷凍庫。冷凍だから、まだ大丈夫…と使うタイミングを延ばし延ばしにして、結局そのまま消費しなかったり。それでは、当初の目的も意味がありません。

そこで著書『もっと心地いい暮らし』が人気のSMART STORAGE!代表鈴木尚子さんに、時短節約を実現できる冷凍庫の整理収納テクを見せていただきました。

ビニール袋やストックバッグは惜しまず使う

「収納グッズは、余計な文字情報や色もない極力シンプルなものがいちばん」と言う鈴木さんの冷凍庫は、透明の保存容器やストックバッグで中の素材がすぐにわかるように工夫されています。

「料理をする者の唯一の贅沢品」と、ビニール袋やストックバッグにはお金を惜しまないそう。中身が見えにくいスーパーの半透明のビニール袋に入れたままにせず、スライドジッパー式ストックバッグや厚手の透明なビニール袋など、中のモノがよく見える袋に食材を入れ替えます。冷凍庫の中身を把握しやすくすることで、食材をムダにせず使い切ることができ、かえってお財布に優しいのだとか。また乾かして再利用しないことも時短に繋がるとのこと。

「立てて収納」でムダを排除

冷凍庫の深い引き出しは、どのように活用していいか悩む場所。上から物を重ねて入れてしまうと、何がどこに入っているか分からなくなってしまいがちです。また、長時間開けたままで探していると、冷凍庫のアラームがピーピー鳴ってしまうことも。

鈴木さんのおすすめは、ブックエンドなど仕切り板を使って、立てて収納する方法です。何がどのくらいストックしてあるのかが分かり、使い忘れも少なくなります。

凍る前にストックバッグに食材を入れて立てると、食材が下に固まってしまうので、平らな状態で急速冷凍してから立てる。

右側のストックバッグには、大量に作っておくとスープやお鍋にちょっと入れるのに便利な餃子や味付けをした白身魚や肉などが入っています。家族全員が1食で食べる最低単位を1つの袋に入れておけば、小分けする必要がなく食材をムダにしません。

例えば、

  • 野菜と一緒に炒めたり煮たりするメニューの場合の肉…1袋使用
  • 唐揚げなど肉をメインにするメニューの場合の肉…3袋使用

という具合。1袋の量が同じだと、立てて収納する場合も均等に並べられるので、見た目も◎。

左側は、お弁当用に少しずつ使う、開封後の残り少ない冷凍食品。文字がうるさいパッケージは、1カ所にまとめておくと庫内がスッキリします。

“ついでカット”で保存しておくと調理の時短に

育ち盛りの子どもたちの「お腹空いた」の声に、少しでも早くご飯を出したいのが親ゴコロ。そのためにも、冷凍庫にカット野菜があると、料理に使う食材が手軽に増えて、ボリュームも出せるのでおすすめなんだとか。

鈴木さんの場合、一度のお料理の際に、まとめて数種類カットしておくそう。

例えば、月曜日の夕飯に炒め物のセロリを切るとき、他にも朝のスープ用、いつかのための薄切り、と3種にカットし、ストックバッグに入れて冷凍。時間をみつけてまとめて下ごしらえ、というのは意外と面倒なので、ついでの時間を有効活用するのがコツ。

右側のステンレストレーの上には、急速冷凍中の味付け済み豚肉が。ここで平らな状態で凍らせてから下のブックエンドの部分に立てて収納します。真ん中手前には、お弁当用の小分けにしたブロッコリーなど。余ったご飯も、同じ大きさに小分けにしてラップで包んで冷凍します。

ケーキなどを買ったときについてくる保冷剤は、できるだけ文字情報や色彩が少ない同じデザインのもので統一します。新たな保冷剤が仲間入りしたときに不要なものは捨て、増やさないようにしているそう。

冷凍したことを忘れてしまう人は、買い物前か料理をする前に、まずは冷凍庫から食材をチェックする癖をつけるのも、ムダなく美味しく料理を楽しむコツともいえますね。

 

取材協力:SMART STORAGE! 代表 鈴木尚子さん

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事