スワイプしてみましょう

画面を左右にスワイプする(なぞる)と、
同じテーマの記事を見ることができます。

【掃除のプロに聞く】ムラなし!きれいに仕上げる窓ガラス掃除のコツ

ガラス1枚ずつ「洗剤拭き→水拭き→から拭き」が基本の流れ。マイクロファイバー製クロスでから拭きするのがポイント。

窓ガラスの掃除なんて、年に一度、大掃除ですればよいほう。ふだんはじっくり窓を見ることもありません。ところが、何気なく窓を見てみたら、「うわっ、うちの窓ってこんなに汚かったの!?」とびっくり。さっそく、お掃除のプロ、おそうじ本舗の尾崎真さんに窓ガラス掃除のコツを教えていただきました。

窓ガラスの汚れの正体は?

おそうじ本舗の尾崎真さん

尾崎さんによると、窓ガラスは「外側の汚れ」と「内側の汚れ」の2つが混じり合っているんだとか。

外側…雨や風で運ばれた土砂や黄砂
内側…台所から来る油を含んだ水蒸気、室内のホコリ、カビ、手アカ

窓ガラスをキレイにするためには、外側からも内側からも掃除をする必要があるんですね。

窓ガラスをピカピカにする掃除方法

用意するものは、以下の3つです。

<用意するもの>
使い古しのタオル2枚(洗剤拭き・水拭き用)
マイクロファイバー製クロス1枚(から拭き用)
ガラスクリーナー

窓ガラス掃除の手順

窓ガラス掃除は、以下の3ステップが基本。

  1. 洗剤拭き
  2. 水拭き
  3. から拭き

実はこの3ステップ、洗剤拭き=洗い、水拭き=すすぎ、から拭き=脱水、と考えると、洗濯と同じなんだとか。では、各ステップのコツについて、詳しく聞いてみました。

早くてキレイな窓掃除のコツ
窓掃除をする時間がない!という方へ…最短3分でできる窓掃除のやり方

【洗剤拭き】窓に直接スプレーしない!

プロの鉄則:窓に直接スプレーをしない!

水で濡らして絞ったタオルにクリーナーをまんべんなくスプレー。汚れを浮かして回収するつもりで手を動かしましょう。
窓に直接スプレーすると、液ダレがスジとして残り、ムラの原因に。

【水拭き】洗剤が乾かないうちに拭き取る

洗剤拭きで汚れを浮かしたら、水で濡らして絞ったタオルで洗剤をきれいに拭き取りましょう。タオルが汚れたら、こまめにきれいな面に変えて拭きます。
洗剤が乾くと汚れがこびりついてしまうので注意! 何枚もまとめて拭かずに、1枚ずつ仕上げていきましょう。

【から拭き】マイクロファイバー製クロスを使う!

ガラスに残った水分を、窓のフチにそってコの字型に上から下へとしっかり拭き取ります。
ムラなく拭き取るために、一度拭いたところから半分ずつずらして手を下におろしていくのがコツ。
マイクロファイバー製クロスは、毛羽立ちがなく繊維のキメが細かいので、仕上げにぴったり!

きれいな窓ガラスをキープするには?

網戸が汚れていると、せっかくきれいにした窓の外側に、雨や風ですぐに汚れが移ってしまいます。窓掃除の前に、網戸の掃除をするのがオススメとのこと。 また、カーテンが汚れていると、窓の内側もすぐにホコリだらけになってしまうので、先に洗濯しておくのもポイントです。

網戸1枚にわずか1分でキレイに!クイックルワイパーで簡単網戸掃除
網戸も一緒にお掃除!1枚あたり1分で完了の網戸掃除

取材協力:おそうじ本舗

写真:おそうじ本舗提供、Thinkstock / Getty Images

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事

{{post.title.rendered}}

  • StepItem.StepImage.title

    {{StepItem.StepText}}

  • {{StepItem.StepText}}

  • {{QuestionItem.question}}

{{post.acf.cardview_text}}

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

{{post.acf.ShopLink_Text}}

オンラインショップ