赤ちゃんの授乳用クッションのお手入れ方法

 

2016年12月より、衣類の取扱い表示が変更になります。※詳しい情報はこちら

水分・汗や動きを感じるたびにさらに香りがわきたつ、と好評のフレア フレグランス。

今回は数量限定で新発売の「凛としたオリエンタルウッドの香り」の使用レポートです。

寒い季節もリゾート気分になれそうな香り

大掃除の季節。窓拭きや床のワックスがけはもちろんのこと、普段洗う頻度の少ないインテリアファブリックもきれいにお洗濯したい…ということで、我が家では、ソファに座る際や赤ちゃんの授乳のときに使っている、クッションのカバーを洗うことにしました。「凛としたオリエンタルウッドの香り」は、気品ただようすがすがしい香り。寒いこの季節もリゾート気分になれそうな予感です!

柔軟剤の投入口にセットして、普通に洗濯するだけ

まずはクッションカバーの取扱い絵表示をチェック。「洗濯マーク」sentakuki (新表示は)か「手洗いマーク」 tearai (新表示は)がついていたら洗濯機で洗えます。

【従来】取扱い絵表示の見方

【新】新しい取扱い表示とは

131125-02-01

裏返して、四隅や縫い目のホコリ、ごみを取り除いたら、いざ、洗濯機へ。一緒に洗うものもきちんと絵表示を確認してから入れるのがポイントです。洗剤を入れて、フレアフレグランスを規定の量だけ柔軟剤の投入口にイン!あとは洗濯機にお任せです。

131125-02-02

脱水後はすぐに洗濯機から取り出します。
カバーを取り出したとたんにふわ~っと香りがただよい、いい気分に。
パンパンと叩いてシワを伸ばし、形をととのえてから、陰干しします。紫外線による黄ばみ・色あせを防ぐためです。

131125-02-03

ソファでくつろぐたびに、授乳するたびに、気分が華やぐ

すっかり乾いてクッションにかけるときも、またまた素敵な香りにうっとり…。
授乳のときは、赤ちゃんが動くたびに良い香りがして、育児疲れが癒される思いです。ソファでくつろいでいるときも、時々ほどよく香ってくれるので、リラックス度がアップしたかも。
大掃除の合間に、柔軟剤で香りプラスのお洗濯。気分が華やいで、いい新年が迎えられそうですよ。

131125-02-04

商品情報

動きや水分、汗を感じるたびにさらに香りがわきたつ柔軟剤

フレア フレグランス

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事