春に向けて大物洗い!レースカーテンを丸洗いしてリフレッシュ

 

2016年12月より、衣類の取扱い表示が変更になります。※詳しい情報はこちら

春に向けて、少し日が長くなってきました。日中は冬用の厚いカーテンを開けて、レースのカーテンで過ごすことも多くなりましたね。そんなとき、ふとレースのカーテンを見てみると、いつの間にか結露やホコリで汚れてしまい、少し黒ずんでいるかも。というわけで…今回は思い切って、冬場なかなか洗えなかったレースカーテンの丸洗いをしてみました!

1. 絵表示のチェック

まずは、カーテンの絵表示をチェックしてみましょう。「洗濯マーク」sentakuki (新表示は)もしくは 「手洗いマーク」tearai (新表示は)のどちらかがついていれば、家庭での水洗いがOKです。

【従来】取扱い絵表示の見方

【新】新しい取扱い表示とは

2. 屏風状におりたたむんで洗濯ネットへ

02

カーテンをフックから取り外したら、このようにタテ・ヨコと屏風状におりたたみ洗濯ネットに入れます。こうすることでカーテン全体から汚れが浮き上がり、しかもシワにもなりにくいんです。

3. スピードコースで時間節約!

03 (2)

いつも忙しい主婦は時間が勝負!カーテンを洗濯機へ投入したなら、時間も水も節約できるスピードコースで効率良く洗いましょう。

ちなみに、今回使用した洗剤、漂白剤、柔軟剤は以下の3つです。左から洗濯機へ入れる順番で並べてあります。

04

ウルトラアタックNeo

スピードコースでも標準コースと同等の洗浄力を発揮し、しかもすすぎも1回でOK!冬のお洗濯の強い味方です。

ワイドハイターEXパワー

洗剤だけでは落ちない汚れや臭いを強力分解!ずっと洗濯せずに放置していたしつこい汚れもこれですっきり♪

フレアフレグランス

抗菌・防臭効果でイヤな臭いを防ぎ、新鮮な香りが長続き。カーテンを開け閉めするたび、良い香りがふわっと舞い上がります。

4. 干すときはそのままカーテンレールへ

脱水が終わったなら、そのままカーテンレールへ干して洗濯終了!取り込む手間もないうえに、部屋の乾燥対策にもなる一石二鳥の方法なんです♪

05

実際やってみると意外と簡単。1時間もかからずに終わってしまいました。この勢いで、どんどん大物洗いに挑戦していきたいですね!

春に向けて、冬の大物を丸洗いしよう

商品情報

スピードコースでも標準コースと同等の洗浄力
ウルトラアタックNeo[本体]

色柄物に安心な酸素系漂白剤
ワイドハイターEXパワー[本体]

動きを感じるたびに香りがわきたつ
フレア フレグランス フローラル&スウィート[本体]

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事