掃除力バツグン! 高機能・高性能なロボット掃除機はコレ

お掃除をしっかり任せられる、頼りになるロボット掃除機

ロボット掃除機の性能を左右するのは、ゴミをしっかり吸う「集じん力」と、部屋をくまなく動ける「行動力」の2つ。このバランスにより、お掃除をしっかり任せられる高価格な高性能タイプと、アシスト的に活用する低価格のお手軽タイプに分けられます。

今回は「掃除はできる限り任せたい!」と思っている人にオススメの、高性能タイプに注目してみましょう。

元祖ロボット掃除機は、根気強くじっくりと

robot1

iRobot「ルンバ」は、時間がかかってもくまなく掃除をしたい人におすすめ

人工知能とセンサーで周囲の状況を把握し、ランダムながら同じところを平均4回掃除をする賢さがポイント。イスやテーブルの間もしっかり入り込む行動力と、確かな集じん力で、任せて安心の実力派です。

商品情報

「ルンバ 600シリーズ」(iRobot)

効率よく掃除したい人におすすめのおりこうロボット

robot2

東芝「Smarbo(スマーボ)」は、短時間で効率良く掃除したい人に最適

カメラで部屋の形を認識し、人工知能でお掃除したルートを記憶しながら、タテ・ヨコ直線走行で効率良く掃除をする理論派です。律儀にキチキチ掃除をするところが、日本人気質にピッタリ。

商品情報

「Smarbo」【VC-RB8000】(東芝)

丸型以外の注目お掃除ロボット

robot3

また今年は、LG「HOME-BOTスクエア」や、フォアベルグ「コーボルト」など、丸型以外のお掃除ロボットも登場しました。丸いお掃除ロボットが不得意だった部屋の隅を、よりキレイに掃除ができると、注目を集めています。これなら几帳面な人も満足できるはず。

商品情報

左:「HOME-BOTスクエア」【VR6260LVM】(LG)

右:「コーボルト」【VR100】※D型のもの(フォアベルグ)

 

メイン写真:Thinkstock / Getty Images

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事