この時期、要注意のノロウイルス!感染を防ぐ消毒方法とは?

 

ノロウイルスは、11~3月の間が特に注意が必要です。

どんなふうに消毒すれば、感染を防げるのでしょうか?

そもそもノロウイルスとは?

人の小腸粘膜で増殖するウイルスで、感染すると胃腸炎などを引き起こします。

潜伏期間は1~2日で、症状は嘔吐や下痢、腹痛などさまざま。脱水症状などにつながる場合もあるので、乳幼児や高齢者は要注意だとか。

感染者の排せつ物や吐しゃ物、加熱が不十分な食物などから感染します。

「次亜塩素酸ナトリウム」でキッチン周りを消毒

ノロウイルスには、「次亜塩素酸ナトリウム」が効果的と言われています。調理器具を洗剤などで十分に洗ったあと、「次亜塩素酸ナトリウム」で浸すように拭けば、ウイルスを失活化できます。

塩素濃度は200ppmで。原液の濃度に合わせて希釈して使いましょう。

ただし、「次亜塩素酸ナトリウム」は高温で分解してしまうので、60℃以上のお湯を使わないようにしてください。

また、洗浄効果はないため、最初に洗剤を使ってきっちり洗うのが大事です。

「次亜塩素酸ナトリウム」は薬局で購入でき、家庭用漂白剤にも配合されています。

 

※この記事は厚生労働省の「ノロウイルスに関するQ & A」をもとに作成しています。

写真:Thinkstock / Getty Images

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事