キッチンは菌の温床?今の季節、とくに気をつけたいこと

キッチンのお掃除、こまめにしていますか? 私は使ったあとにさっと拭いたり、ときどきクリーナーを使ったりして、できるだけキレイに保つことを心がけています。

だけどキッチン周りには、目には見えない菌がたくさんいるのだとか。

台ふきんが汚れていると、水ぶきで菌が広がる!

花王の調査によると、家庭で集めた台ふきんのうち、なんと87%から大腸菌群が検出されたそう。そんな台ふきんでキッチンや食卓をふいてしまうと、菌の数は1000倍になることも! 

何枚か用意しておき、調理中にこぼれた汁をふき取るもの、テーブルだけをふくものなどと使い分けるのがよさそうです。

また、見た目がさほど汚れていなくても、こまめな除菌を忘れずに台所用塩素漂白剤のうすめ液に約2分(色柄物は酸素系漂白剤のうすめ液に約30分)つけておくだけで除菌できます。

菌を徹底的に防ぐなら、台ふきんの代わりにキッチンペーパーや専用のウエットクロスを使うのも有効ですね。

生ものを扱ったまな板は、菌の温床に

直接食べ物をのせるまな板は、普通に洗うだけでは不十分。除菌効果のある食器用洗剤ではその効果はとても緩やかなため、除菌するのに数十分かかることがわかっています。

生ものを扱ったら、食器用洗剤でまず汚れを落としてから、短時間で高い除菌効果のあるスプレータイプの台所用漂白剤を都度こまめに使い毎日しっかり乾燥させましょう。野菜用と肉・魚用で、まな板を2枚用意しておくのもおすすめです。

菌の増殖を防ぐ、お手入れのポイント

  • 台ふきんは見た目が汚れていなくてもしっかり除菌の習慣を
  • まな板はスプレータイプの台所用漂白剤を活用。野菜用と肉・魚用で使いわける

商品情報

スプレータイプでささっと除菌 「キッチン泡ハイター

つけ置きでしっかり除菌 「キッチンハイター

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事