スワイプしてみましょう

画面を左右にスワイプする(なぞる)と、
同じテーマの記事を見ることができます。

【動画で解説】グズグズともう崩れない、新聞・雑誌のコンパクトな縛り方

持ち上げても崩れない「雑誌の縛り方」を動画で紹介。必要なのはちょっとしたコツとひもだけ!

雑誌や新聞を処分するときにズレない縛り方のコツを、モノへの執着をなくしてすっきり、人生に幸せを呼び込む捨てる整理術「捨活」を提唱しているSmile Factoryの岡田敏子さんにうかがいました。

収納が不要になる! モノの捨て方のコツ
整理整頓のプロ岡田さんが提案するモノを捨てるコツ

新聞・雑誌のズレない縛り方

1. 平らなところで「ℓ(リットル)」の形にひもを置き、その輪の部分に雑誌を通す。

平らなところで「ℓ(リットル)」の形にひもを置き、その輪の部分に雑誌を通す。

平らなところで「ℓ(リットル)」の形にひもを置き、その輪の部分に雑誌を通す。

2. ひもの両端をそれぞれ左右に引っ張って、ひもが雑誌の横真一文字にかかるようにする。

最初に作った「ℓ(リットル)」状のひもとひもの重なる部分が雑誌の真下にくるようにする。

ひもの両端をそれぞれ左右に引っ張って、ひもが雑誌の横真一文字にかかるようにする。

3. 2で左右に引っ張ったひもを、反時計回りに90度動かし、上下それぞれに垂れるようにする。

左右に引っ張ったひもを、反時計回りに90度動かし、上下それぞれに垂れるようにする

4. 雑誌に横真一文字にかかったひもに、上下に垂れているひもそれぞれ1回ずつ絡めた後、蝶結びにする。

雑誌に横真一文字にかかったひもに、上下に垂れているひもそれぞれ1回ずつ絡めた後、蝶結びにする。

5. もし、束ねる雑誌が増えても、蝶結びをほどくだけで追加可能。もう一度縛り直す必要がなく、重ねた雑誌が崩れることもありません。

 

この結び方は、重い雑誌を持って作業する方法ではなく、縛っている最中に崩れたりすることもありません。楽で時短にもなる方法です。

取材協力:岡田敏子さん(Smile Factory)

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「目指せ!片付け上手」のおすすめ記事

{{post.title.rendered}}

  • StepItem.StepImage.title

    {{StepItem.StepText}}

  • {{StepItem.StepText}}

  • {{QuestionItem.question}}

{{post.acf.cardview_text}}

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

{{post.acf.ShopLink_Text}}

オンラインショップ