スワイプしてみましょう

画面を左右にスワイプする(なぞる)と、
同じテーマの記事を見ることができます。

伸びない、縮まない、型崩れしない!ウール・カシミヤセーターの洗濯

お手入れ方法を間違うと伸び縮みしてしまうセーター。おしゃれ着用洗剤で洗って平干しすれば、家で洗っても型崩れなし!

冬に大活躍する、ウールやカシミヤのセーター。きちんとお手入れして、長く着ていきたいですよね。そこで今回は、正しいウール・カシミヤの洗濯方法を紹介します♪

洗濯前にチェックしておくこと

・おうちで洗える?
セーターの裏のタグにかかれている、洗濯表示を確認しましょう。

家で洗えるもの、洗えないもの

・色落ちは大丈夫?
濃い色のセーターは、目立たないところにおしゃれ着用洗剤の原液をつけて、5分後に白い布をあてて軽く押さえます。
布に色がついた場合は、ほかの洗濯物とわけて、洗いましょう。

・シミ、汚れは?
洗濯物は、洗濯する前に、シミや汚れがないか全体をチェックします。
シミがあれば、その部分におしゃれ着用洗剤の原液を少量つけて、指でなじませます。

では、さっそく洗濯してみましょう!

用意するもの

  • 「エマール」などのおしゃれ着用洗剤
  • 洗濯ネット(洗濯機で洗う場合)
  • 平干し用ネット(ピンチハンガーでもOK)
  • 液体の酸素系漂白剤【ニオイが気になる時】
  • 柔軟剤【ふんわり仕上げたい、静電気を防ぎたい時】
大切な衣類のダメージを防いで洗える「エマール」などのおしゃれ着用洗剤を使いましょう

洗濯機は、「手洗い(ドライ)コース」を選択

全自動洗濯機なら、「手洗い(ドライ)コース」を使います。汚れが落ちやすいように、えり、袖口、前身ごろ、ひじなど、汚れやすい 部分が外側になるように、たたんで洗濯ネットに入れたら、洗濯機にポン♪ 脱水までおまかせ!

洗濯するときは、30℃以下の水道水で洗いましょう。お風呂の残り湯などの温水は、縮みの原因となるのでNGです。

手洗いは、やさしく押し洗い

ウールやカシミヤの繊維には、髪のキューティクルのような”うろこ”があります。この”うろこ”は、水にぬれると開き、こすると絡み合って、縮んでしまいます。手早くやさしく洗って縮みを防ぎましょう。

洗い方の手順

  1. 洗いおけに、30℃以下の水5Lをはり、おしゃれ着用洗剤エマール12mlを入れた洗濯液をつくる。
  2. 型崩れしないように、きちんとたたんだまま、洗濯液に2~3分つけて、20~30回やさしく押し洗い。
  3. たたんだまま、洗濯機で30秒ほど脱水した後、軽く押しながらすすぐ。水を替えてもう1回すすぐ。
  4. 柔軟仕上げ剤を入れてよく溶かし、約3分間つけて、30秒ほど脱水。
【動画で詳しく】押し洗いって、どうやってやるの?
【動画で詳しく】押し洗いって、どうやってやるの?

仕上がりに差が出る! 干す時は、必ず平干し

脱水したら、すぐに取り出してタテ・ヨコ2つに軽くたたみ直し、軽くたたいてシワをのばします。さらに広げて軽くたたきながら、形をととのえ、日陰で「平干し」します。

ウールは日光で黄ばんだり、色あせたりしやすいので、日陰干しに。また、ニットは伸びやすく型崩れしやすいため、平干ししましょう。
【イラストでわかる】平干しってどんな干し方?

ウールもカシミヤもデリケートな素材なので、少し手間がかかりますが、正しく洗濯して、お気に入りのセーターを長く愛用しましょう。

写真:PIXTA

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

お気に入りのニット、長く着るなら

オンラインショップ

「秋におすすめ!洗濯のコツ」のおすすめ記事

{{post.title.rendered}}

  • StepItem.StepImage.title

    {{StepItem.StepText}}

  • {{StepItem.StepText}}

  • {{QuestionItem.question}}

{{post.acf.cardview_text}}

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

{{post.acf.ShopLink_Text}}

オンラインショップ