洗濯用洗剤でぱぱっとできる、服についたチョコレートの落とし方

汚れた部分を下にして乾いたタオルの上に置き、裏から洗濯用洗剤をつけた歯ブラシでたたいてシミを移しとります。

子どもはチョコレートが大好き。甘いものは控えめに…とは思っていても、チョコレートを味わうニコニコ顔はやはりかわいいものです。しかし、洗濯のときにポケットから、いつ入れたのかわからないチョコレートが出てくることも。そんなときにすぐにできる洋服についたチョコレートの落とし方をご紹介します。

服についたチョコのシミは下に敷いたタオルに移す

チョコレートは油を含んだシミなので、洗濯用洗剤やベンジン、アルコールなどで落とします。和服や皮革類など特殊な衣類の場合は、クリーニング店に相談しましょう。

<用意するもの>

  • 洗濯用洗剤

※きなりやパステル調の淡い色の服は、塗布したところだけ白っぽくなる場合があるので「ウルトラアタックNeo」や「エマール」などの蛍光剤無配合の洗剤を使用しましょう。

  • 乾いたタオル
  • 古くなった歯ブラシ

<シミを落とす方法>

1.乾いたタオルを2つ折り、または4つ折りにする。

2.チョコレートのシミがついた側がタオルに接するように衣類を置く。

3.洗濯用洗剤の原液を少量、歯ブラシにつけてたたくか、つまみ洗いし、下のタオルにシミを移していく。

洗剤はシミのまわりから中心にむかってなじませるようにつけましょう。いきなり中心につけてしまうと、シミが広がって輪ジミになってしまう可能性があります。

4.タオルの位置を変えながら、シミの色がタオルにつかなくなるまでたたく。

5.水で洗ってすすぎ、乾いたタオルでおさえて水分を取ってから自然乾燥させる。

子どもは汚す天才。あまりカリカリせずに、ぱぱっとシミ抜きをして、のんびりした気持ちで接しましょうね。

商品情報

ウルトラアタックNeo

エマール

写真:Getty Images

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事