[教えて!福助さん] 黒タイツにできる毛玉を防ぐ方法はありませんか?

 

冬のマストアイテムといえば、黒タイツ。寒さもしのげて脚も細く見えるので、手放せませんよね。でも、ちょっとしたことで毛玉ができてしまうのが気になるトコロ。
そこで今回は、レッグウェアメーカーとして長い歴史を持つ福助の樋口遵子さんに、タイツの毛玉問題について、いろいろと教えていただきました。

ハサミやカミソリを使った毛玉とりはNG

毛玉ができるたびに買い替えるのも大変なので、少々の毛玉なら、自分で取り除くという方も多いのでは?

一般的な毛玉除去の方法としては、機械(毛玉取り器)を使う、ハサミやカミソリを使うなどが有名ですが、どの方法も繊維を切ることで、生地を傷めるおそれが多いため、福助としてはオススメできないのだそう。できる限り毛玉にならないように扱うことが最も大切です。

毛玉になりにくい商品がある!

131226_11_01

最近では、毛玉になりにくい素材を使った商品も充実しているようです。 f-ing(エフィング)という商品は、毛玉の原因である「繊維の切れ」を少なくするため、糸の繊維を太く切れにくくし、網目を細かくすることで、毛玉になりにくい黒タイツを実現したんだそう。

また、上記にもあるように、毛玉の原因は摩擦による繊維の切れなので、いかに摩擦を少なくするかもポイントになります。

こすれやすい靴のはき口や、かばんの当たるひざ上~太ももは、とくに毛玉になりやすい部分なので、注意。

洗濯の注意点

洗濯時の摩擦も毛玉の大きな原因のひとつ。手洗いで優しく洗うのが理想ではありますが、忙しいとなかなか難しいですよね。

洗濯機で洗う場合は、必ずネットなどに入れ、弱水流で洗うといいそうです。

取材協力:福助株式会社

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事