[教えて!福助さん] 伝線したストッキングはどうしたらいいの?

 

「ストッキング伝線してますよ」と指摘されて、恥ずかしい思いをした経験、女性なら誰しもあるのでは? 女性の必需品ともいえるストッキングですが、伝線しやすいのが玉にキズ…。
そこで今回は、レッグウェアメーカーとして長い歴史を持つ福助の樋口遵子さんに、伝線したストッキングの対処方法をうかがいました。

透明マニキュアでの処置は正しいの?

透明マニキュアを伝線部分にぬるという応急処置は有名ですが、繊維によっては合わないこともあるため、福助としてはおすすめできないのだそう。伝線の多くは、繊維をひっかけることにより起こるため、シンプルですが、なるだけ繊維をひっかけないように扱うことがポイントのようです。

最近のストッキングは伝線にくくなっている!?

 

右:ラン・伝線 左:ノンラン

左:ラン(伝線) 右:ノンラン設計のストッキング

最近は素材や技術が進化していて、伝線しにくいノンラン設計のストッキングが増えているそう。ノンラン設計のストッキングは、何かにひっかけて生地に傷ができても、その部分に小さな穴があくだけで、そこから伝線が走ったり、穴が広がりにくくなっているため、万が一ストッキングを傷めてしまっても昔ほど目立つことはなくなっているようです。

穴のあいたストッキングは捨てるしかない?

穴があいてはくことのできなくなったストッキングは、掃除用具として使ったり、洗濯ネットの代わりに使ったりすることも可能。洗濯ネット代わりに使う場合、あまり大きな洗濯物は入れられませんが、ストッキングや下着など薄手で小さいものを洗うには十分。

たとえはけなくなってしまってもそのまま捨ててしまわず、かしこく再利用してみてはいかがでしょうか。

洗濯ネットの活用方法

取材協力:福助株式会社

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事