50%も花粉の侵入量を減らせる、換気のコツ

 

服や洗濯物の花粉はきちんと払っているはずなのに、家の中でくしゃみがとまらないのはなぜでしょう。どうやら毎日の換気にまで注意を払う必要がありそうです。

花粉の侵入、6割が換気から

室内への花粉の侵入は、約4割が衣類や洗濯物に付着によるもの、そして約6割が換気によるものとされています。

窓の開け閉め、帰宅時、布団干しなど、日常的なドアや窓の開け閉めで、こんなに花粉が入っていたとは驚きです。

網戸+カーテンで50%も減らせる

それでも部屋に閉じこもってはいられませんから、どうにか工夫して花粉の侵入を防ぎたいもの。

花王の実験によれば、窓を全開にしたときの花粉の侵入量を100としたとき、網戸を閉めておけば約27%、さらに網戸+レースカーテンの合わせ技だと約50%も花粉の侵入量を減らせたというのです。

網戸とカーテンのバリアー効果、絶大ですね!

キッチンやトイレの換気扇も注意

キッチンやトイレの換気扇からも花粉が侵入することをお忘れなく。換気扇を回す時間は少し短くするだけでも侵入する花粉の量は軽減します。

窓を開ける場合も時間は短めに。

全開にしなくても10センチほど開ければ換気の効果はじゅうぶん得られます。

 

写真:Thinkstock / Getty Images

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事