ちょっとした工夫で結露を減らせる!家庭でできる結露対策

 

これまで、冬に悩ませられる「結露」という現象の発生原因、そして弊害についてご紹介してきましたが、ではこれを防ぐにはどうしたらよいのでしょうか?

日常の工夫でできる結露対策

まずは換気!

空気中の水蒸気を逃がすには、何よりも換気が大切です。

特に就寝前に換気を行っておけば、朝方の結露をぐっと軽減することができます。

寒い冬の夜に窓を開けるのはなかなか億劫ですが、短い時間でもこれを毎日することで快適な朝を迎えられますよ。

 

暖房器具は室外排気タイプのものを

室内排気タイプのストーブやファンヒーターの使用は大量の水蒸気を発生させ、部屋の湿度を一気に高めてしまいます。そのため、暖房器具は室外排気タイプの方が結露対策にはベター。

暖房器具が室内排気タイプのものしかなければ、過度の使用は控えるなどの工夫をしてください。

 

窓ガラスを断熱性能のものに

それでもなかなか結露が減らない…とお困りの方は、思い切って窓ガラスを耐熱性能のあるものに換えてみるのも方法のひとつ。

耐熱ガラスは、複層ガラス(2枚ガラスの間に空気層を挟んだガラス)と真空ガラス(2枚のガラスの間に真空層を挟み、真空の断熱性能を利用したガラス)の2種類があります。どちらも1枚ガラスに比べて室内の暖かさを逃がしにくく、外の冷気を伝えにくいという特徴があるので、気温差が発生せず結露を効果的に防いでくれます。

 

結露が発生してしまったら…

結露に気付いたら、結露取りワイパーなどで、早めに水滴を除去することが大切です。

除湿機などで湿度を下げることを心がけましょう。

放置しておけばカビ・ダニの温床になりかねません!

室内の温度と湿度をコントロールすることが結露防止のカギ。適度な換気や暖房器具の使い方を工夫することが大切です。結露を最小限に食い止めて、冬の間もピカピカの窓ガラスをキープしたいものですね。

 

写真:Thinkstock / Getty Images

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事