おしゃれ着用洗剤って普通の洗剤と何が違うの?

おしゃれ着用洗剤なら「毛」「絹」も洗濯OK!摩擦・シワ・色あせから、布地を守ってダメージ少なく洗い上げます。

近ごろCMなどでよく見かける「おしゃれ着用洗剤」。繊細なフリルやレースが付いたお洋服も自宅で手軽に洗えるため、女性を中心に人気があります。でも、普通の洗剤と何が違うのかって、意外と知らないですよね。今回はおしゃれ着用洗剤の特長や、使うときのポイントをまとめてみました。

洗濯による衣類のダメージを減らせる

「エマール」など、おしゃれ着用洗剤を使って洗ういちばんのメリットは、なんといっても“ダメージの少なさ”。普通に洗うと毛玉でケバケバになってしまうニットも、おしゃれ着用洗剤を使えば、洗濯時の摩擦を防いで仕上がりがなめらかに。シワやヨレが気になるワイシャツも、洗濯ダメージを防いでシャキッと洗い上がります。色あせも防いでくれるから、デニムだって安心です。

布地を傷めることなくキレイに洗い上げることができるので、ニット・ワンピースからキャミソール・タイツ・下着まで、今まで家で洗うことをためらっていたお気に入りの洋服が自宅で洗えます。

※必ず取扱い表示を確認し、「水洗い不可マーク」(旧表示:tearai_ng)が付いている場合は、クリーニング店にお任せしましょう。

 

毛や絹も洗える!手触りのよい洗い上がりに注目

「洗濯機で洗濯できる」(旧表示sentakuki )、「手洗い」(旧表示tearai )のマークがついていれば、普通の洗剤では難しい、毛(ウール)、絹(シルク)などの動物繊維も洗えます。

縮みやすいウールもおしゃれ着用洗剤「エマール」なら、繊維潤滑成分が繊維を守り、からみ合って縮むのを防ぎます。

洗い上がりはしっとりやわらか。ふわふわのカーディガンや手触りなめらかなシルクシャツなど、素材感が決め手のお洋服も、自分でばっちり洗濯できちゃうんです♪

ニオイや汗は落ちるの?

普通の洗剤と比べると洗浄力は穏やかなものの、おしゃれ着洗いに欠かせないドライコースの水流でも、ニオイや汗をスッキリ落とせます。特に気になるシミ汚れには、原液を指でなじませてから洗濯すると効果的です。

「ワイドハイターEXパワー」など、酸素系漂白剤も併用できるので、黄ばみなど、ガンコな汚れが気になるときは一緒に入れて洗濯しましょう。

おしゃれ着用洗剤を使って、お気に入りの衣類を長く着たいですね。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

おしゃれ着用洗剤でお気に入りの洋服を洗おう♪

オンラインショップ

「マイカジ編集部」のおすすめ記事