[消費税増税間近、FPに聞く] 日用品は買いだめした方がいいの?増税前の今、ゲットすべきアイテム

 

ついに来月4月から、消費税が8%にアップしますね。だからといって、給与がとりわけアップするわけでもなく、手元に残るお金は減ってしまう…と、憂鬱な人も多いのでは。ならば、増税前の今のうち、あれこれ買いだめしておけばいい?

そこで、女性による、女性のためのお金のクリニック「エフピーウーマン」所属のファイナンシャルプランナー、武田明日香さんに、増税を乗り切る賢いお金の使い方を聞きました。

食品や生活用品、駆け込みで買いだめしておくべき?

食品は賞味期限もありますから、在庫をたくさん持つことはおすすめしません。お酒やタバコを買いだめして、家にストックがあると、その安心感から速いペースで消費したり、スペースをとってしまったり、と不便なことが出てきます。ストックがなければ節約できるものであれば、ムダに多く買い込むのはやめるべきです。

「高くなる前に…と普段は使わない食材や調味料などを買うのもおすすめしません。特に日用品は最近、同じ金額で容量や個数を少なくするなど、値上がり感を生活者に見せないカラクリを企業側が仕掛けていることもあります。無理に『3%分トクをしよう』と欲張らず、ムダな買い物をしないことが得策です」。

買いだめするなら、単価の高い化粧品や薬品を

増税前に買っておくといいものは、毎朝晩使うスキンケアや市販の常備薬。場所もとらないし、単価が高いので、お得感が強いです。ストックがあるからと、ムダに使うものでもありません。

「食品のように単価が低いものは、たとえば現在105円の商品が108円に値上がりしたとしても影響を受けるのは約3円。ですが、3,150円の化粧水が3,240円になると、90円も値上がり。スキンケアのラインナップやメイクアイテムも揃えると、数百円という金額になりますよ。」

絶対に使う、子ども用品は買っておくと◎

絶対に使うことが決まっている、子どものオムツやミルクなどは、少々場所をとりますが、買っておいて損はないと思います。4月からは新学期ですから、学校生活などで必要なものも、ぜひ準備しておくといいと思います。

「食品の買いだめはおすすめしないと言いましたが、災害への備えとなる保存食は、家族分・ある程度の量を確保しておかねばならないものですから、この増税の前に賞味期限をチェックして、新しいものと入れ替えてもいいですね」。

ムダ使いは元も子もない

「いつも使うもの、必ず使うもの、ある程度のストックが必要なもの、は増税前に買っておいて損はないですが、結局必要のないものまで買ってムダ使いすれば、増税分の数十円なんてあっという間に超えてしまいます。必需品をリストアップし、買うべきかどうか集中と選択をすると、増税前にはムダな買いだめを防ぎ、増税後の家計もすっきりスマートになるかもしれません。この機会をぜひ、利用してくださいね」。

まとめ

  1. 変にムダ買いして、ムダに使わない!
  2. 特に食品など賞味期限のあるものは要注意!必要最低限だけ
  3. 市販薬、化粧品、オムツやミルクなどの子ども用品は、増税前に買っておくとベター

取材協力:株式会社エフピーウーマン

写真:Thinkstock / Getty Images

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事