新春からスタートした花粉予防掃除。2カ月の経過レポート

 

多くの地域で花粉の飛散が本格的になるのは、毎年節分以降といわれています。今年は少し遅めでしたが、だんだんと暖かくなり、本格的な花粉シーズンがスタート。今がピークと言われています。毎日、目がかゆくなったり、鼻がムズムズしたりしている人も多いのでは?夫婦揃って軽めの花粉症の我が家では、対策として1月から「クイックル 舞い上がりをおさえるハウスダスト除去スプレー」と「クイックルワイパー」を使用。その後の様子をレポートさせていただきます。

あれ!?今年は花粉症の症状が気にならないかも…

ズバリ、気になる花粉の症状ですが…3月下旬で、ほとんどありません!毎年、この時期になるとたくさん使っていたティッシュの減りも、今年は普段とあまり変わらない感じ。

01

「今年の花粉は比較的少ない」という情報もありますので、スプレーのおかげだけなのかはわかりませんが、例年よりも花粉症の症状が軽いと実感しています。

ハウスダストの舞い上がりが気にならず、子どもものびのび遊べる

5歳と0歳の男の子がいる我が家。毛足の長いカーペットの上で子どもが動くたびに、ハウスダストが舞い上がってイライラ…なんてこともあったのですが、スプレーを使って掃除するようになってからは、それも気にならなくなりました。

02

最近では、1歳でも花粉症の症状が出るケースがあるようですが、子どもたちは今のところ大丈夫なようです。

この時期干しにくい布団も、スプレーケアですっきり!

今の時期は寒いし、花粉も気になるから布団を外に出すことは避けたいですよね。でも、布団に入り込んだハウスダストも気になります。そこで我が家では布団もスプレーでケア。

03

 時間をおいてから外でさっと払えば、ハウスダストが取れるのですっきりします。

04

ダニが好む皮脂や汗のにおいも消臭してくれるし、殺虫剤成分は不使用。最近何でも口にしてしまう0歳児がいる我が家も安心です。

しっかり掃除できるからストレスが減った!

この時期は窓を開けると花粉の侵入が気になるので、排気を気にせずに掃除ができる「クイックルワイパー」がとっても重宝。

5a

フロアワイパーに立体吸着ウエットシートを装着すれば、花粉などのハウスダストを吸着、ぞうきんがけまでが一度にでき、育児や仕事で忙しい我が家もストレスなく、しっかりと掃除ができます。

6a

伸縮タイプのハンディワイパーなら柄を伸縮させながら、パソコンのキーボードから天井の照明周りまでと幅広くきれいに。

家中のすみずみまでハウスダストを除去できて、気分もすっきりです。

商品情報

花粉などのハウスダストをミネラル成分で包んで固めて、空気中に舞い上がるのをおさえる
クイックル 舞い上がりをおさえるハウスダスト除去スプレー [本体]

ヘッドが床面にしっかりフィットして、シート全体でホコリ、髪の毛をたっぷり捕集
クイックルワイパー[道具本体]

洗浄成分を含んだ立体構造シートがホコリ、ハウスダストをからめとる
クイックルワイパー立体吸着ウエットシート 香り残らないタイプ[8枚入]

吸着性の高いふわふわキャッチャーが花粉やハウスダストまでみるみるキャッチ
クイックルワイパーハンディ 伸び縮みタイプ

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事