「汚れが落ちない」「毛羽立つ」…。洗濯の基本を見直して、お悩みを解決

 

洗濯機から洗濯物を取り出したとき、「あれ?汚れがきれいに落ちていない…」「なんだか毛羽立っているような…」と感じたことはありませんか? 洗濯機洗いの基本をおさらいして、失敗なく上手に洗えるコツをつかみましょう!

洗剤量の目安をカクニン。水温は20~40℃が理想

洗剤の量は、水量と洗濯物の量によって適量があります。

洗剤は少なすぎると汚れ落ちが悪くなるし、逆に多く入れ過ぎると、すすぎが不十分になってしまいます。洗剤には、必ず「使用量の目安」が表示してあります。実際に使ってみる前に、製品の裏を確認しましょう! 

洗濯機の取扱い説明書もチェックしておくといいですね。 また、水温にも注意。冷たいほど、一般的に汚れ落ちは悪くなります。繊維によって多少違いはありますが、ふだん着洗いなら20~40℃が理想的です。

冬など水温が低い場合には、お風呂の残り湯を利用するなど温度を上げる工夫を。残り湯を使えば節水にもなりますね! ただし、風呂水には皮脂などの汚れが含まれているので、すすぎにはきれいな水道水を使いましょう。

ウールやおしゃれ着を洗うときは縮み防止のため、水温は30℃以下に。

洗濯物の詰め込みすぎはNG! 洗濯ネットも活用して

まとめて一気に洗っちゃおう!と、洗濯機に洗濯物をギュウギュウ詰めにしていませんか? 

洗濯物の詰め込みすぎは、汚れ落ちが悪くなったり、洗剤が溶け残ったりする原因にもなります。洗濯物は、洗濯槽の8分目を目安に。

洗濯ネットを活用するのもいいですね。洗濯ネットは衣類の傷みやシワ、からまりや糸クズの付着を防いでくれる、とっても便利なアイテム。種類もいろいろあるので、衣類に合わせて使いこなしましょう。柔軟剤を使うのも毛羽立ち防止に役立ちます。

洗濯物に黒いポツポツ。すぐに槽洗浄を!

洗濯機から取り出した洗濯物。よく見ると、なんだか黒いポツポツが付いている…? それは、洗濯槽の汚れが衣類に付着しているんです。洗濯槽をキレイにする専用洗剤もありますので、まずは洗濯機の取扱い説明書をチェックしてみて。

洗濯槽の裏は湿気が多く、カビ汚れがたまりやすいんです。目に見えにくい洗濯槽の汚れも定期的にお掃除しましょう。

洗濯槽をすっきりキレイにして、毎日のお洗濯も楽しいものにしちゃいましょう!

商品情報

発泡成分が見えない洗たく槽の裏側のカビ・水アカ汚れをはがして浮かせる

洗たく槽ハイター

写真:Thinkstock / Getty Images

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事