そもそもネクタイって洗えるの?汚れてしまった場合のアドバイス

 

2016年12月より、衣類の取扱い表示が変更になります。※詳しい情報はこちら

春から新社会人、これからビシッとスーツを着こなしたいと思っている男性も多いのでは?

おしゃれ着を自宅で洗う場合、必ず衣類のタグに書かれた絵表示のチェックをするのはマストだけれど…。そもそもネクタイは家庭で洗濯できる!?

【従来】取扱い絵表示の見方

【新】新しい取扱い表示とは

そこで知っておきたいのが、たとえ洗える素材でも、

芯地を使った衣類(コートやジャケット、スーツ、ネクタイなど)や加工衣類(シワ加工、エンボス加工、ちりめんなど)、刺しゅうしたものや和服は家庭では洗うことができないということ。

またネクタイは、ねじってしめるため、その力が均一に働くよう、生地を斜め方向にカットする”バイヤス裁ち”で作られています。よって、洗濯するとヨレてしまうという性質もあるのです。

ならば、ブラッシングや表面をさっと拭くなどのお手入れはできるとして、もしも食事の際に醤油やコーヒーをこぼしてしまったら…。

そんな時は、きちんとシミ抜きをしましょう。シミ抜きはむずかしそうなイメージがあるかもしれませんが、コツをおさえれば意外と簡単にできそうです。 以下のポイントと手順を参考にトライしましょう。

シミ抜きのポイント

  • 処理はできるだけ早めに。シミがついたらすぐに落としましょう。外出先の場合は、とりあえず応急処置を。
  • シミの種類に合わせて落とすシミは、水に溶けやすい、油を含んでいる、その他の汚れに分かれます。

水に溶ける汚れは水で、油を含む汚れは、中性洗剤の原液あるいはベンジンやアルコールなどで落とします。

  • 周辺から中心に向かってシミの部分がさらに広がるのを防ぐため、シミ抜きは、周辺から中心に向かって行います。
  • 難しそうな場合は専門店へ。特殊な素材や落ちにくそうなシミの場合は、ムリせず、クリーニング店におまかせするのがベター。そのとき、あらかじめシミの種類を伝えておきましょう。

シミ抜きの基本手順

  1. 乾いたタオルを2~4つに折って敷いた上に、シミのついた側がタオルに接するように衣類を置きます。 
  2. 水または洗剤をつけた歯ブラシで、シミの周辺から中心に向かってたたき、下のタオルにシミを移します。タオルの位置を変えて、シミの色がタオルにつかなくなるまでたたきます。
  3. 水でよくすすぎ、まわりが輪ジミにならないように境目をぼかします。
  4. 最後に乾いたタオルで水分を吸いとり、自然乾燥させます。

思ったより簡単にできたという方も多いのでは?

ネクタイは洗えない、でも、うっかり汚してしまったときの対処法を知っておけば、あわてなくてすみますね。

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

1本あれば、いざというときにも安心。

オンラインショップ

「マイカジ編集部」のおすすめ記事