CLEANING GUIDE

掃除の手順:ガンコな汚れの落とし方

どんな汚れでも、なるべく早く、汚れにあった落とし方をすることが重要です。ガンコな汚れをラクに落とすには、「湿布法」や「つけおき」を試してみましょう。

汚れ落としの基本

なるべく早く落とす

汚れがついた直後と比べ、時間が経つほど落ちにくくなります。汚れがついたら放っておかずに、なるべく早く落としましょう。

汚れの種類・程度に合った落とし方

汚れの種類や程度によって、掃除方法は異なります。最適な掃除道具・洗剤などと合わせて選びましょう。

掃除道具:場所・汚れに合わせた選び方

掃除用洗剤・洗浄剤:種類と選び方

落ちない時は、少しずつ強く

一度で落としきれない場合は、何度か試してみましょう。おだやかな落とし方から試してみて、汚れが落ちなかったら、少しずつ強くしてみましょう。いきなり硬いものでゴシゴシこすったり、強い洗剤を使ったりすると、汚れがついた対象物を傷めてしまう可能性があります。

ガンコな汚れの落とし方

湿布法

ガスレンジ台まわりの壁や、浴室の目地やゴムパッキンなど、洗剤がとどまりにくいものに向いています。

用意するもの

  • 使用する洗剤(スプレータイプ)
  • ティッシュペーパー

掃除の手順

  1. 汚れた場所に洗剤をスプレー
  2. 上からティッシュペーパーを貼り、もう一度洗剤をスプレーする
  3. 必要時間おいたら、ティッシュごと拭きとり、水で流すか水拭きする

つけおき

取り外せる換気扇、コンロの受け皿・五徳など、ぞうきんやブラシなどでは掃除しにくいものや、まとめて掃除したいときに向いています。

用意するもの

  • 使用する洗剤(つけおきタイプ)
  • スポンジや古歯ブラシ
  • 洗い桶・キッチンのシンクなどつけおきをする場所
  • ポリ袋

掃除方法

  1. 後片付けをラクにするため、つけおきをする場所にポリ袋を広げる
  2. ぬるま湯を張り、使用する洗剤を適量入れる
  3. 対象物を入れ、必要時間おく
  4. 残った汚れはスポンジで軽くこする
  5. 水で十分に洗い流し、しっかり乾燥させる