ごみを吸い込むだけでなく、カーペットなどの細かなホコリや絡みついたハウスダストまでしっかり吸い込むためにも、効率よく掃除機がけをおこないましょう。

掃除機をかける前に

窓を開けて換気する

ホコリが舞い上がるため、窓を開けておきましょう。

物を片づける

床に散らかったものを片づけましょう。
日ごろから、コード類はまとめておくなど、掃除しやすい収納を心がけておくと、いちいち動かさなくてすみます。

高いところの掃除はすませておく

天井や照明器具など、高いところの掃除はすませておきましょう。

掃除機がけの基本

基本はゆっくり動かす

ヘッドはゆっくり、力を入れずに動かすようにしましょう

ヘッドはゆっくり、力を入れずに動かすようにしましょう。

 

 

 

タテ・ヨコ方向に十字にかける

カーペットなどは、タテ・ヨコ方向に十字がけしましょう。

カーペットなどは、タテ・ヨコ方向に十字がけしましょう。

 

 

モードを使い分ける

「自動」「強」「弱」など、掃除する場所やごみの量に応じて、吸い込みモードを使い分けましょう。

ノズルを使い分ける

床用ノズル、すき間用ノズル、ブラシノズル、ふとん用ノズルなど、効率よく掃除できるようノズルを使い分けしましょう

床用ノズル、すき間用ノズル、ブラシノズル、ふとん用ノズルなど、効率よく掃除できるようノズルを使い分けしましょう。

 

 

関連記事