CLEANING GUIDE

浴室のカビ:予防と除去方法

入浴後は浴槽にフタをしたり、換気扇をまわして湿度を早く下げることで、カビの発生を防げます。生えてしまったカビは、カビとり剤で落としましょう。

カビ予防

湿気を早く追い出す

余分な湿気が出ないように、家族一人ひとりの入浴後は、必ず浴槽にフタをしましょう。入浴し終えたら、窓を開けたり、換気扇をまわしたりして(3時間以上)、浴室内の湿気をできるだけ早く追い出しましょう。

換気フィルターにホコリがたまると、換気効率が悪くなります。掃除機で掃除しましょう。

カビの発生を防ぐ浴室用洗剤を使う

水切れをよくし、カビの発生を防ぐ浴室用洗剤を使えば、いつもの掃除で気軽にカビ予防ができます。

冷水をかけて温度を下げる

入浴後、壁や床を中心に、お湯をかけて汚れを洗い流します。その後、シャワーを水にして、浴室全体の温度を下げておくと、カビの発生を防げます。

カビ対策

カビが発生してしまったら、浴室用洗剤で汚れを取った後、浴室用カビとり剤を使って掃除しましょう。

用意するもの

  • 浴室用洗剤
  • 塩素系の浴室用カビとり剤
  • ティッシュペーパー
  • 炊事用手袋
  • 眼鏡などの目を保護するもの

カビとり前の準備

塩素系の浴室用カビとり剤の使用上の注意をよく読み、炊事用手袋・眼鏡等を着用、換気をしましょう。

あらかじめ浴室用洗剤などで汚れを落とし、水気を拭いておきましょう。

カビの上に汚れがあるとカビとり剤が効果的に働きません。事前に汚れを落としましょう。

カビとりの手順

  1. 約10cm離して、浴室用カビとり剤をカビ汚れにスプレー
  2. 約5分おいてから、十分に水洗いする

※目線より高いところにカビとり剤を使うときは、液を柄付きのスポンジなどに付けてカビに塗り、数分後に水拭きしましょう。

目地が濡れているとカビとり剤が浸透しにくい為、浴室が乾燥している時に掃除しましょう。

ガンコなカビ汚れ

ガンコなカビ汚れの除去には、「湿布法」がおすすめです。

  1. 約10cm離して、浴室用カビとり剤をカビ汚れにスプレー
  2. 上からティッシュペーパーを貼り、もう一度スプレー
  3. 20~30分おいてから、ティッシュごと拭きとる
  4. 十分に水洗いする