CLEANING GUIDE

住まいのニオイ:原因と対策

ニオイの原因は「料理の残り香などの空間臭」と「残った汚れに菌が繁殖して発生するニオイ」の2種類があります。場所ごとにニオイの原因を押さえて、こまめに掃除しましょう。

ニオイ対策の基本

まずはしっかり換気をする

ニオイが気になったら、窓を開けたり換気扇を回したりして、空気を入れ換えましょう。冬の寒い時期でも、窓を10cm程度開け、短時間換気を行うだけでも効果があります。

洗えるものは洗濯

枕カバーやシーツなどにしみこんだ汗や皮脂などから、ニオイが空間へ漂ってしまうことも。衣類の洗濯表示にの記号がついていなければ、家庭で水洗いができるので、洗えるものはこまめに洗いましょう。

シーツ・ふとんカバー:洗濯方法

まくらカバー:洗濯方法

洗濯の基本:汚れ・ニオイを落とすコツ

衣料用除菌消臭スプレーを活用

洗えないものや、なかなか換気ができないときは、衣料用除菌消臭スプレーを使いましょう。20~30cm離し、全体が軽く湿る程度にスプレーして、気になるニオイを消臭します。

ニオイの原因に注意し、まめに掃除

汚れが残っていると、それがニオイの原因となる微生物の栄養源となり、菌の繁殖につながってしまいます。場所ごとのポイントを押さえながら、こまめな掃除を心がけましょう。

ニオイが気になりやすい場所と対策

キッチンの排水口・ごみ受け

キッチンのシンクは、湿度も高く、残飯などからの栄養も豊富なため、菌が増殖しやすい環境です。菌が汚れと一緒に付着して、ヌメリが発生すると嫌なニオイの原因になります。こまめな掃除で嫌なニオイを解消しましょう。

掃除の手順

  1. ごみ受けにたまった生ごみを取り除く
  2. ごみ受けや、排水口まわりに、塩素系の台所用漂白剤をスプレー
  3. 5分ほどおいてから、水でよく洗い流す

※塩素系漂白剤を使用する際は、使用上の注意をよく読み、炊事用手袋・眼鏡等の着用、換気を行ってください

キッチンの排水パイプ

排水口の奥にある排水パイプの汚れも、ニオイの原因になることがあります。排水口まわりをきれいにしたら、排水パイプも併せて掃除しましょう。

掃除の手順

  1. 塩素系の排水パイプ用洗浄剤を、直接排水パイプにかける

    排水パイプに直接かけられない場合は、トラップの封水にかけましょう

  2. こすらずに15~30分おく(長時間放置しない)
  3. 十分に水で洗い流す

※塩素系漂白剤を使用する際は、使用上の注意をよく読み、炊事用手袋・眼鏡等の着用、換気を行ってください

浴室(浴槽・床・壁)

浴槽と比べ、掃除頻度の低い床や壁は、放っておくと皮脂汚れや石鹸カス、水アカなどの汚れが残ってニオイの原因になることも。浴槽を洗うついでに床や壁も洗い流す習慣をつけましょう。

掃除の手順

  1. 浴室用洗剤をスプレーし、20~30秒おく
  2. 気になる汚れはスポンジなどで軽くこする
  3. 水で洗い流し、乾燥させる

汚れがひどいときは、スプレーして2~3分おくと効果的。

浴室の排水パイプ

ニオイの原因は、排水口にたまった皮脂汚れや髪の毛、石鹸カスなど。しっかりと取り除きましょう。

掃除の手順

  1. 目皿のごみや毛髪等を取りのぞく
  2. 塩素系の排水パイプ用洗浄剤を、直接排水パイプにかける
  3. こすらずに15~30分おく(長時間放置しない)
  4. 十分に水で洗い流す

※塩素系漂白剤を使用する際は、使用上の注意をよく読み、炊事用手袋・眼鏡等の着用、換気を行ってください

トイレの便器内

トイレ使用後のニオイが気になるときは、消臭効果のあるトイレ用洗剤を使いましょう。

消臭の手順

  1. 用便前や、用便後流した後、消臭効果のあるトイレ用洗剤を便器内にスプレー

トイレの床や壁

便器の中をキレイにしても、ニオイが消えないのは、尿ハネが原因かもしれません。尿ハネは足元を中心に飛び散って、ニオイの原因を作り出し、トイレットペーパーで拭くだけではニオイの元は完全には消えません。

掃除の手順

  1. 消臭効果のあるトイレ用そうじシートで、便器の外側、床、壁を拭き掃除
  2. 壁まわりは、上から下に、汚れの軽いものから順番に拭く