DISHWASHING GUIDE

食器用ふきん・台ふきん:清潔に保つ除菌・漂白方法

キッチンで使ったふきんは、水洗いだけでは不十分。菌が増殖して悪臭を発生させないためにも、毎日の除菌・漂白を習慣にしましょう。熱湯消毒や天日干しと比べ、短時間ですむ、漂白剤を使った方法を紹介します。

ふきんを除菌するタイミング

1.生の魚や肉を扱ったとき

魚や肉汁、卵などに直接触れたふきんは、必ず除菌しましょう。

調理台の汚れは、除菌効果のある使い捨てシートで拭き取ると、ふきんの除菌が不要です。

2.1日の終わり

見た目が汚れていなくても、1日の終わりには除菌をしましょう。濡れたふきんは、菌が好む水分と栄養分(汚れ)を含んでおり、放っておくと菌が増え、食器や調理器具、食卓にまで菌を広げることになります。水洗いだけでは落とせないため、塩素系の台所用漂白剤を使いましょう。

ふきんの除菌・漂白方法

用意するもの

  • 食器用洗剤
  • 台所用漂白剤
  • 洗い桶
  • 炊事用手袋

洗い桶がない場合

プラスチック製のタッパーやボウルが洗い桶の代わりになります。

注意事項

  • 色柄物のふきんは、色落ちする可能性があるため塩素系の台所用漂白剤は使えません。
  • 塩素系漂白剤を使用する際は、炊事用手袋・眼鏡等を着用し、換気をしましょう。

除菌・漂白の手順

  1. 食器用洗剤でふきんを洗い、きれいな水で一度すすぐ
  2. 洗い桶に台所用漂白剤のうすめ液をつくる(1Lの水に6ml)
  3. ふきんを入れ、除菌・消臭は約2分、漂白は約30分つけおき
  4. 水でよくすすいで乾燥させる

まな板も一緒に除菌・漂白する場合

  • まな板を食器用ふきんで巻き、洗い桶にひたすことで、まな板全体とふきんを一緒に除菌・漂白できます。

まな板・包丁も清潔に!除菌・漂白方法

ふきんの選び方

下記のポイントをチェックして選びましょう。キッチンの衛生のためには、食器用ふきんや台ふきんはできれば何枚か用意して、乾いた清潔なものを使いましょう。

選ぶ際のポイント

  • 吸水性がよいこと
  • 乾燥しやすいこと
  • 丈夫で洗濯に耐えること
  • 汚れが目立ちやすいこと
  • 毛羽立ちにくいこと