2020.05.15 Fri

洗濯機で洗える!おしゃれ着洗いのコツ

ブラウスやニット等のおしゃれ着も、家庭の洗濯機で気軽に洗濯できたらいいですよね。ところが、「おしゃれ着洗い」という言葉は知っていても、具体的にどのように洗えばいいかわからないという人は少なくありません。そこで、洗濯機を使ったおしゃれ着洗いのコツを紹介します!

「おしゃれ着洗い」とは?
洗濯機で洗濯できる?

「おしゃれ着洗い」とは、デリケートな衣類を、おしゃれ着用洗剤を使って毛羽立ち、シワ、色あせを防ぎながら洗濯することです。おしゃれ着洗いに適した衣類かは、タグに記載されている洗濯表示をチェックしてみてください。桶の下に線が2本ある記号や、手洗いマークが付いている衣類、「中性洗剤使用」の記載がある衣類はおしゃれ着洗いがオススメです。手洗いマークでも、洗濯機を使ったおしゃれ着洗いをすることができます。

それでは、早速おしゃれ着洗いの手順をチェックしていきましょう!

おしゃれ着洗いの手順

1.洗濯ネットに入れる

洗濯ネットに入れることで、衣類のからまりや型崩れを防ぎます。ポイントは、ちょうど良いサイズの洗濯ネットを選び、1枚のネットに1枚の衣類を入れること。また、ボタンやファスナーは閉めて、ネットの大きさに合わせてたたみ、汚れた部分が外側になるように入れるようにしましょう。

2.おしゃれ着コースで洗う

洗濯機で洗う時は、おしゃれ着コース・ドライコース・手洗いコース・おうちクリーニングなどの、弱い水流でゆっくり回り、衣類に強い力がかからずに洗えるコースを選びましょう。おしゃれ着用洗剤の洗浄成分は、おしゃれ着コースのような弱い力で洗っても、汚れが落ちやすいように工夫されています。

3.おしゃれ着用洗剤を使う

おしゃれ着洗いには、おしゃれ着用洗剤を使います。おしゃれ着用洗剤は繊維が縮みにくい中性で、洗濯時の摩擦を防ぐ成分を含んでいるので、洗濯機で洗っても、毛羽立ちや縮みから守ってくれます。

おしゃれ着洗いの+1テク

前処理で汚れ落ちアップ!

食べこぼしなどの気になる汚れがある場合、弱い水流、おだやかな中性洗剤で洗うおしゃれ着洗いでは、洗浄力が不足する可能性があります。そこで、食べこぼしのシミや袖・襟もとの皮脂汚れなど、目立った汚れがある場合は洗剤の原液をあらかじめ直接塗布してなじませてから、洗濯しましょう。

おしゃれ着にも柔軟剤を使う

おしゃれ着洗いの時も柔軟剤は使えます。衣類のタグに「柔軟剤の使用不可」などの記載がなければ、普段通り使用可能です。おしゃれ着用洗剤で洗うだけでも柔らかな肌ざわりに洗い上がりますが、さらに風合いよく仕上げたい時や、静電気の発生を防ぎたい時には、柔軟剤を使うのがオススメです。

おしゃれ着の干し方

1.干す前にシワを取る

干すときは、衣類のシワを伸ばし、形を整えてから干すことで仕上がりに大きな差が! 脱水が終わったら、洗濯機から衣類をすぐに取り出して軽く振りさばき、大きなシワを伸ばします。続いてシワが目立ちやすい襟や縫い目などを引っ張って伸ばしてから干すようにしましょう。

2.衣類に合う干し方をする

つり干し、平干しなど、衣類に合わせた干し方をすることで、型崩れを防ぎます。干し方は、「乾燥」を示す□の洗濯表示を見て確認しましょう。
例えばつり干しをする衣類は、□の中心に、縦棒が記載されています。「つり干し」の表示がついている場合は、ハンガーにかけるか、ピンチハンガーなどでつるして干しましょう。□の中心に、横棒が記載されている場合は、平干し用ハンガーやピンチハンガーの上に置いて干しましょう。

クリーニングに出すしかないと思っていたデリケートな衣類も、コツさえつかめば、簡単に自宅で洗えます。デリケートな衣類は衣替えの時にまとめてお手入れする人も少なくないですが、汗や皮脂のついた衣類をそのままにしておくと、生地が傷んだり、変色したりする原因に。こまめにおしゃれ着洗いすることで、いつも快適に、そして大切な衣類を長持ちさせましょう。

おすすめの商品はこちら

・エマール

オンラインショップのご案内

ここから先は外部サイトへ移動します。価格やサービス内容については、各サイトに記載されている内容をよくお読みになり、ご自身の責任でご利用下さい。

写真:

矢部ひとみ

ライター: