2020.06.12 Fri

7月~レジ袋有料化がスタート!オススメのエコバッグ5選

前倒しでスタートした小売店もありますが、いよいよ20年7月から全国一律でレジ袋が有料化! 身近なコンビニも対象になるので、 “エコバッグ”を持ち歩くことが、新しいライフスタイルになりそうです。今回は仕事帰りの買い物に便利なポケッタブルタイプから、休日のまとめ買いにぴったりな大容量タイプまで、男女兼用で使える素敵なエコバッグをご紹介します。

レジ袋有料化が
はじまります

有料化の対象となるのは、購入した商品を持ち運ぶために用いる持ち手がついたプラスチック製買い物袋。バイオマスプラスチックの配合率25%以上の買い物袋など、環境性能が認められた一部の袋を除き、有料化の対象です。価格設定は事業者自らが行い、1枚当たり1円未満の価格設定は禁止されています。目的は、海洋プラスチックごみ問題や地球温暖化などの解決に向けた第一歩として、レジ袋を有料化することで、消費者のライフスタイルの変革を促し、プラスチック製買い物袋の過剰な使用を抑制すること。業種や規模に関わらずすべての小売業者が対象となり、コンビニなども含まれます。

【参考】「プラスチック製買物袋の有料化~2020年7月1日スタート~」(経済産業省)
https://www.meti.go.jp/policy/recycle/plasticbag/document/session_document.pdf

ママ雑誌編集部オススメ
オススメのエコバッグ5選

ママ雑誌『HugMug』編集部がオススメする、おしゃれで使い勝手の良いエコバッグをご紹介します。毎日バッグに入れて持ち歩きたいポケッタブルタイプと、休日のまとめ買いに使いやすい大容量タイプの2種をピックアップ。用途に合わせて使い分けましょう。

持ち運びに便利
ポケッタブル仕様

■レジ袋型が可愛い『BAGGU』

◆『BAGGU』STANDARD BAGGU ストライプ ブリックオレンジ×クリーム

付属のポーチに入れて持ち歩けるので、仕事帰りの買い物や荷物が増えてしまった時のサブバッグとして大活躍してくれる。サイズはちょうどスーパーのレジ袋と同じくらいで、日々の買い物に最適。万が一汚してしまっても、洗濯機で丸洗いできるので清潔さを保てるのも有難い。

■軽くて丈夫な『TO&FRO』

◆『TO&FRO』PACKABLE TOTE BAG

超軽量のナイロン素材を使い、わずか30gのエコバッグ。薄い生地でも耐久性を出すために持ち手の生地が2枚仕立てになっているので丈夫。太い持ち手で肩掛けもしやすく、牛乳や瓶の調味料など重たいものを買った日の帰り道も快適。折りたたんで本体内側のポーチに収納すると手のひらサイズでコンパクトに持ち運びできる。全8色の豊富なカラーバリエーションから選ぶのも楽しい!

まとめ買いに便利
大容量バック

■時短が叶う話題の『シュパット』

◆シュパット コンパクトバッグL

スーパーのレジカゴにすっぽり被せられるので、精算時にレジカゴにセットするだけで袋詰めの手間なし。さらに、使い終わった後は両側の紐を引っ張るだけで、一気にキレイに畳むことができる。買い物中も買い物後も時短が叶うので、忙しい人の味方。持ち手が長く肩がけできるので、まとめ買いに最適。

■キャンバス生地がおしゃれ『L.L.Bean』

◆『L.L.Bean』 グローサリー・トート ナチュラル

ナチュラルな雰囲気で普段使いもできるトートバックは、スーパーの買い物カゴ1つ分の食材が楽々入る便利なサイズ感。広いマチで袋詰めもしやすい。使わない時は折りたためるほど柔らかいキャンバス生地なのに、荷物の重さが気にならない丈夫さも兼ね備える優秀アイテム。オリーブやネイビーなど全4色展開。

■高い機能性が魅力の『モンベル』

◆『モンベル』メッシュトートバッグL

大容量サイズと丈夫さがポイントのアウトドアブランドのバッグは、車でのまとめ買いにぴったり。バッグのボトム部分には、重たい荷物を肩掛けして運ぶのに安心なハンドル付き。さらにメッシュなので通気性も良く、中に何が入っているか見えるのも便利。運動会やキャンプ、ピクニックなどのアウトドアシーンでも大活躍してくれる。

お気に入りは見つかりましたか? ライフスタイルに合わせた素敵なエコバッグで、お買い物を楽しんでくださいね。

<プロフィール>
HugMug編集部
ママと子どものファッションとライフスタイルを提案する雑誌&Webマガジン。親子のファッションコーディネート、インテリア、季節のイベント、レシピなど、親子の毎日をハッピーにするアイディアを提案する。
https://hugmug.jp/

ライター: