2020.08.21 Fri

もう悩まない!ベビー服洗濯の疑問&洗濯・水通しの方法

初めての育児はすべてが手探りで、わからないことだらけ。そのひとつに、洗濯に関する疑問があります。「ベビー服って大人の服と分けて洗うの?」「水通しってどうやってやるの?」など、ベビー服の洗濯に関する疑問を解決します。

ベビー服のお手入れQ&A

洗濯かごの中のベビー服

赤ちゃんのお肌はとてもデリケート。その肌に直接触れるベビー服は、洗濯にも気を使います。そもそも、大人の洗濯物と一緒に洗っていいのでしょうか。水通しは必要でしょうか。そんな疑問を花王と助産師の原尻風葵さんに聞きました。

Q.ベビー服と大人の服、洗濯は分けるべき?

一緒に洗ってOKです。大人が着ていた衣類の汚れが赤ちゃんの衣類に付いてしまうことを心配して、分けて洗濯する方も少なくないようですが、 汚れの程度で分けてあげれば、区別する必要はありません。ベビー服の洗濯において大切なのは、汗をいっぱいかいて、よだれも多い赤ちゃんの服の汚れをしっかりと落とし、清潔にすることです。(花王)

赤ちゃんとお母さん
お気に入りのベビー服 黄ばみ・シミ汚れをキレイに落とす方法

Q.ベビー服を普通の洗剤で洗っても大丈夫?

大人の服を洗濯している洗剤を使っても問題ありません。適正量の洗剤で洗い、きちんとすすげば、赤ちゃんのお肌に影響したり、衣類をなめた時に身体に影響を与えることはありません。(花王)

Q.ベビー服に柔軟剤を使ってもいい?

使って大丈夫です。ベビー服に柔軟剤を使うことを敬遠する方もいますが、柔軟剤には衣類をやわらかく仕上げ、肌への刺激を低減する効果があるので、ベビー服にもオススメです。香りが気になるときは、香りが弱いものや無香性の柔軟剤を選びましょう。(花王)

Q.新品のベビー服は水通しが必要??

摩擦に弱く、デリケートな赤ちゃんの肌を守るために、新品のベビー服や肌着は水通しをしておきましょう。水通しの主な目的は、糊を落として吸汗性を良くすること、服についているかもしれない「ホルムアルデヒド」を取り除くためにあります。ホルムアルデヒドの使用は、現在では法律で規制され、生後24ヶ月以内の繊維製品からは、原則検出されないことになっていますが、衣類に吸着されやすく、家具や他の衣類から移染することがあります。ホルムアルデヒドは水に溶けやすいので、一度水洗いしておくと安心です。水通しした後、赤ちゃんがすぐに着用しない場合には、ホルムアルデヒドが少ないベビー用タンスに保管したり、チャック付きのビニール袋にしまっておくと、家具などからの移染を防ぐことができます。(原尻風葵さん)

ベビー服の
基本的な洗濯方法

1.淡い色の服は蛍光剤の入っていない洗剤を使う

ベビー服と言えば、きなりやオフホワイト、パステルカラーのピンクやブルーなど淡い色の衣類が多いですよね。こういった色合いの服を蛍光剤入りの洗剤で洗濯すると、白っぽくなってしまうことがあるので、「蛍光剤無配合」の洗剤がおすすめです。

2.シミ汚れは前処理をする

シミ汚れの前処理

ベビー服にシミ汚れが付いたときは、酸素系漂白剤を使いましょう。液体タイプの酸素系漂白剤を汚れの部分に直塗りして、すぐに洗濯機に入れます。酸素系漂白剤なら、白物はもちろん、色柄物でも色落ちすることなく安心です。

酸素系漂白剤が使える衣類って?洗濯表示の見方&使い方をレクチャー

3.いつも通りに洗濯機で洗濯

洗濯機で洗濯をするところ

前処理したベビー服や大人の洗濯物も一緒に、いつもの洗濯用洗剤を入れて、普段通りに洗濯します。食べこぼしなど目立つ汚れが多い時は、水温を40度くらいまでの温水にした方が汚れ落ちがよくなります。

新品のベビー服の水通し

新品のベビー服を赤ちゃんが袖を通す前に水洗いする「水通し」について、助産師の原尻風葵さんに教えてもらいました。

水通しをする時期

最初の水通しは出産準備として、産前に行っておきましょう。正期産に入る妊娠37週以降は、いつ陣痛が来てもおかしくないので、それよりも前に行うのがベスト。体調の良いときに、ゆとりを持って行いましょう。ベビー服以外にも、スタイやシーツ、タオルなど、赤ちゃんの肌に触れるものは、すべて水通ししておきましょう。

一方で、水通しをいつまで行うか、ということに決まりはありません。出産準備の時だけに行った人もいれば、新生児期から生後6ヶ月頃まで行った人もいます。また、肌が弱いからと、大人になっても、毎回必ず水洗いしてから使用するという人もいます。このように、水通しの期間については、とくに決まりはありませんが、糊を落とすという理由で、特に、直接肌に触れる肌着に関しては、年齢に関わらず行うとよいでしょう。そのほか、肌着の上から着せる服については、ホルムアルデヒドの規制基準が厳しい生後24ヶ月(2歳)を一つの目安としてもよいでしょう。

水通しのやり方

ベビー服の水通し

手洗いで水通しする方法

清潔な桶に水を張り、ベビー服をやさしく泳がせたり、「沈める」「浮かせる」を20回ほど繰り返した後、水気をしぼります。たたんだまま、洗濯機で軽く脱水(15〜30秒程度)してもOKです。

洗濯機で水通しする方法

洗濯用ネットにベビー服を入れ、「ドライコース」「手洗いコース」などやさしく洗うコースで水洗いします。干す時はシワをのばし、形を整えて干しましょう。

赤ちゃんの衣類も、大人の衣類と一緒に洗濯できることがわかりました。また、シミがついたときには酸素系漂白剤が役立ちます。ベビー服は、どうしても汚れが多くなるので、覚えておくと安心です。そして、大切な赤ちゃんを迎える大切な準備のひとつである水通し。誕生の日を心待ちにしながら、楽しい気持ちで行いたいですね。

おすすめの商品はこちら

・アタックZERO

・ワイドハイター EXパワー

・ハミング LINNE

オンラインショップのご案内

ここから先は外部サイトへ移動します。価格やサービス内容については、各サイトに記載されている内容をよくお読みになり、ご自身の責任でご利用下さい。

<プロフィール>
助産師
原尻風葵(はらじりふうき)さん
沖縄県内公立病院、神奈川県内総合産婦人科の勤務を経て、現在は(株)Mocosukuに勤務。

写真:

矢部ひとみ

ライター: