2020.09.11 Fri

べっとり油汚れをこすらず落とす!ガスコンロの掃除方法

ガスコンロの掃除

調理のたびにガスコンロ周辺につく油汚れ。後からキレイにしようとしても、放置していた油汚れは変性が進み、落としにくくなります。では、べっとり油汚れに効果的な掃除方法とは? 五徳についた油汚れもゴシゴシいらず! 油汚れを浮かせて分解するオススメの洗剤と、ガスコンロ掃除の手順を紹介します。

ガスコンロのべっとり油汚れは
アルカリ性洗剤がオススメ

ガスコンロの油汚れを掃除

ついてすぐの油汚れはサラサラしていて簡単に拭き取れますが、放置しておくと時間の経過とともに変性して付着力が強くなり、界面活性剤を中心とした洗剤では落とせなくなります。そんな、変性した油をバラバラに分解する働きをするのが「アルカリ剤」。ガスコンロにべっとりついた油汚れを落とすには、アルカリ剤が配合された『マジックリン』などの台所用強力洗剤がオススメです。

ガスコンロ掃除を
始める前の準備

■用意するもの

・マジックリン ハンディスプレー
・スポンジ
・ぞうきん
・炊事用手袋
・眼鏡などの目を保護するもの
・(油汚れがこびりついている場合)軍手

『マジックリン ハンディスプレー』を使用する際は、炊事用手袋・眼鏡等を着用しましょう。油や熱などで傷んだ塗装・フッ素コートははげることがありますので、目立たない所で試してから使いましょう

■事前準備

ガスコンロ

バーナーキャップや五徳、排気口カバーなど、ガスコンロの各パーツを掃除する際は、外せるものはすべて取り外してシンクの中へ入れておきましょう。

ガスコンロの掃除方法

■トッププレートの掃除手順

トッププレートの掃除

『マジックリン ハンディスプレー』を汚れにスプレーしてぞうきんで拭き取り、拭き取った後は十分に水拭きしましょう。汚れがひどい場合には、5分ほどおくと効果的です。点火つまみなどへは直接スプレーせず、『マジックリン』をスプレーしたぞうきんで汚れを拭き取り、同様に水拭きしましょう。

■五徳などパーツの掃除手順

ガスコンロのパーツ掃除

シンクの中に入れたパーツに『マジックリン ハンディスプレー』をスプレーします。油汚れが分解されて泡が茶色に変わっていくので、5分ほどおいたらスポンジなどで軽くこすり、水で十分にすすぎましょう。すすいだ後は、水気を拭き取ってしっかり乾かしてから取り付けてください。

■ガンコな油汚れの落とし方

五徳の洗い方

五徳などに油汚れがこびりついて、なかなか落ちない時は、軍手を使用しましょう。スプレーして5分ほどおいた後、炊事用手袋の上から軍手をはめ、指先で握るようにこすります。その後は、水で十分にすすぎましょう。

アルカリ性洗剤で
油汚れスッキリ!

きれいになった五徳

トッププレートや五徳についていた時間の経った油汚れも、ゴシゴシこする手間なくキレイになりました。

毎日気持ちよく料理をするためにも、ガスコンロは清潔にしておきたい場所です。ぜひ、アルカリ性の『マジックリン ハンディスプレー』を使って、きれいなガスコンロを目指してみてください。

おすすめの商品はこちら

・マジックリン ハンディスプレー

オンラインショップのご案内

ここから先は外部サイトへ移動します。価格やサービス内容については、各サイトに記載されている内容をよくお読みになり、ご自身の責任でご利用下さい。

撮影:

伊藤大作

ライター: