2021.02.05 Fri

今どきファミリーに和室が人気! 畳のお手入れ・掃除方法

おしゃれな古民家カフェや和モダンなインテリアの流行もあり、近年、和室を取り入れた暮らしが注目を集めています。一方で、「フローリングの床と比べてお手入れが難しそう」「汚れが付いたら落ちないのでは」という声も。そこで、長持ちさせるための日頃のお手入れや掃除の方法を、畳のプロにお聞きしました。

若いファミリー層に人気
畳のある部屋

一時期は、新築マンションの間取りから和室が消えた時代がありましたが、近年はどうなのでしょうか。エコな素材を活用した内装を手掛ける大建工業株式会社に伺いました。

「和室のある住宅は年々減少傾向にありますが、近年では、半畳縁なしの、カラフルでモダンな畳が増えており、若いファミリー層を中心に畳が見直されつつあります。畳はお子さまの遊び場や寝かしつけ場所として、また、洗濯物をたたむ家事スペースにもなるなど、様々なシーンで活用できます。さらに、クッション性があるので、お子さまが転んだり、おもちゃを落としたりした場合にも衝撃を和らげてくれるため、子育て世代には最適です。畳表の素材についても、イ草だけでなく、和紙製のものや樹脂製のものがあり、イ草にはない特長を持っています。例えば、当社の『ダイケン健やかおもて』は、機械すきの和紙でできており、イ草に近い触感を持ちながら、色あせしにくく、傷つきにくく、汚れにくいという性能を備えており、床暖房にも対応していることが特長です。」(大建工業株式会社)

畳を長持ちさせる
日常のお手入れと注意点

畳の寿命はおよそ10年と言われていますが、適切なお手入れをすれば、長くキレイに使い続けることができます。畳を中心とした住宅資材を扱う山中産業株式会社に普段の使い方や注意点を教えてもらいました。

「まず、こまめに換気を行いましょう。天然のイ草は常に呼吸しています。お部屋の湿度が高いと、イ草が水分を必要以上に吸収し、カビが発生する原因になる場合があります。また、畳の凹みを防ぐためにも、重量のある家具などを置く場合は、四隅に板や厚紙などを敷いてください。さらに、家具や荷物などを畳の上で引きずらないよう注意しましょう。イ草のささくれや摩耗の原因になります。また、近年、住宅の欧風化の流れから縁無し畳が増えています。見た目はモダンでおしゃれですが、縁付き畳と違い、畳と畳の間に隙間が生まれやすく、その隙間にホコリなどが溜まり、ダニが発生する原因になる場合もあるので、とくに念入りに掃除をしてください」(山中産業株式会社)

畳の掃除方法

■普段の掃除方法

4〜5日に1回は、『クイックルワイパー 立体吸着ドライシート』を付けた『クイックルワイパー 』で掃除しましょう。このとき、畳の目に沿ってかけることがポイントです。『クイックルワイパー 』なら摩擦や引っ掛かりによって畳が傷つく心配もなく、立ったまま手軽に掃除できるのがポイントです。

畳表の網目のことを「畳の目」といいます。畳の目の方向というのは、畳縁と垂直方向を指します。

『クイックルワイパー 立体吸着ドライシート』は、約50万本のミクロ繊維の立体構造シートが、細かなゴミまでからめとります。大きなゴミをあらかじめ掃除機で吸い取った直後なのに、ドライシートには細かな埃や髪の毛が付着していました。

■汚れが気になるときの掃除方法

畳の汚れが気になる場合は、汚れの程度に合わせてうすめて使う『マイペット』が便利です。水2Lに対してキャップ1杯(10ml)の『マイペット』を入れた液に布をひたし、よくしぼってから畳の目に沿ってふきます。その後の水ぶきは必要ありません。

畳を張り替える
タイミングと方法

畳の張替えには「裏返し」「表替え」という方法があります。
「使用頻度や傷み具合にもよりますが、新品の畳を使用し始めてから3~5年で“裏返し”をオススメします。裏返しとは、今の畳床に付いている畳表を取り、裏返してもう一度畳床に縫い直すことです。“表替え”のタイミングは新品の畳を使用し始めてから5~8年です。表替えとは、両面が使用できなくなった畳表を取り外し、新しい畳表に張り替えること。いずれも、縁付きの場合は、縁は新しいものに取り替えます」(山中産業株式会社)

扱いが難しそうな畳ですが、お手入れは意外にも簡単だということがわかりました。おうち時間が増えている今、家族みんながリラックスして快適に過ごせる畳のお部屋が、より一層注目されるかもしれません。

おすすめの商品はこちら

・クイックルワイパー

オンラインショップのご案内

ここから先は外部サイトへ移動します。価格やサービス内容については、各サイトに記載されている内容をよくお読みになり、ご自身の責任でご利用下さい。

<教えてくれた人>
大建工業株式会社
未利用資源や木質資源を無駄なく有効活用したエコ素材を軸に、それらを原材料として活用した床、壁、天井、室内ドアなど、住宅・公共商業施設向け内装建材の開発・製造・販売をはじめ、著名な建造物やビル・店舗の内装工事も手掛ける。https://www.daiken.jp/

山中産業株式会社
畳を中心に、豊富な住宅資材を扱う総合商社。さまざまな環境に対応した畳資材製品も取り扱っている。http://www.yamanaka-jp.com/

写真:

矢部ひとみ

ライター: